ゆとりーとライン

路線の特徴

  • 大曽根~小幡緑地間を結ぶガイドウェイバスの専用軌道区間。正式名称はガイドウェイバス志段味線で、「ゆとりーとライン」は愛称。
    • 2001年開業、2009年まで瀬戸みずの坂行きもあり、名鉄バス・JR東海バスも運営していたが2009年に撤退した。
    • 小幡緑地駅から先、高蔵寺方面は一般道に直通する。

  • 乗務員は、専用軌道区間は鉄道の免許で・平面区間は大型2種免許の双方持っている。

  • ICカードは全線で利用可能であり、10種相互対応になった。


  • 一日乗車券・ドニチエコきっぷは平面区間(公道区間)のみ有効。敬老パスは全線で使用可能。
    • これらの券を併用する場合は、乗務員(ドライバー)に申し出て精算する。

  • ゲーム内ではゆとりーとラインの範囲である専用軌道区間が登録駅になっている。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
名古屋ガイドウェイバス 9 6 Y   現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
Y01 大曽根
おおぞね
愛知県   JR中央本線(名古屋~塩尻)
名鉄瀬戸線
名古屋市営地下鉄名城線
Y02 ナゴヤドーム前矢田
なごやどーむまえやだ
  名古屋市営地下鉄名城線
Y03 砂田橋
すなだばし
  名古屋市営地下鉄名城線
Y04 守山(愛知)
もりやま
  【守山自衛隊前】
名鉄瀬戸線
Y05 金屋
かなや
・2013年4月1日に「守山市民病院」から改称された。  
Y06 川宮
かわみや
   
Y07 川村(愛知)
かわむら
   
Y08 白沢渓谷
しらさわけいこく
・渓谷とついているが、勿論名古屋市内にある。  
Y09 小幡緑地
おばたりょくち
   
高蔵寺方面まで運転(一般道直通)

  • 最終更新:2017-09-16 21:06:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード