アストラムライン

路線の特徴

  • 本通~広域公園前間を結ぶ路線。正式名称は広島高速交通広島新交通1号線。
    「アストラムライン」は愛称であり、日本語の「明日」に英語の「Tram」(電車)をつけ、「明日へと走る電車」という意味で付けられた。
    一見するとダジャレのようだが、本当の話である。

  • 本通~城北間は広島県唯一の地下路線である。(但し、新白島は半地下駅。)

  • 案内式軌条鉄道(新交通システム)の路線であり、この方式の路線としては日本最長であり、地下を走るのも日本初。
    また、自動改札を中国地方で初めて導入した。

  • Jリーグのサンフレッチェ広島の本拠地の広島ビッグアーチが沿線にあるため、試合の時は混雑する。

  • 基本的に10分に1本ずつ運行されているが、休日の11時台と12時台は、半分の列車は長楽寺で折り返しとなり、終点の広域公園前まで行くのは20分に1本だけとなる。

  • 一日乗車券あり。往復運賃(960円)よりも安い930円なので、往復するだけで元が取れる。
    • さらに、サンフレッチェ広島のホームゲーム開催日には、キックオフの4時間前からキックオフまで一日乗車券「サンフレッチェ応援乗車券」が620円で販売される。
    • なお、ホームゲーム開催日は横川駅からスタジアム前までシャトルバスが出ており、こちらの方が安く、かつ速く着く。(詳細)

  • 現在、広域公園前から西広島地区へ単線での延伸が計画されている。(が、完成予定は2030年代…。)

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
広島高速交通株式会社 22 19   現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
本通
ほんどおり
広島県 地下駅 広電1系統(宇品線)
広電3系統(己斐線)
広電7系統(都心線)
県庁前(広島)
けんちょうまえ
地下駅  
城北
じょうほく
地下駅  
新白島
しんはくしま
半地下駅 JR山陽本線(三原~岩国)
JR可部線
白島(広島高速交通)
はくしま
   
牛田(広島)
うした
   
不動院前
ふどういんまえ
   
祇園新橋北
ぎおんしんばしきた
   
西原(広島)
にしはら
   
中筋
なかすじ
   
古市(広島)
ふるいち
   
大町(広島)
おおまち
  JR可部線
毘沙門台
びしゃもんだい
   
安東
やすひがし
   
上安
かみやす
・安佐動物公園の最寄駅。  
高取
たかとり
   
長楽寺
ちょうらくじ
・交通科学館の最寄駅。(被ばく電車が保存されている)  

とも
   
大原(広島)
おおはら
   
伴中央
ともちゅうおう
   
大塚(広島)
おおづか
   
広域公園前
こういきこうえんまえ
・Jリーグサッカーのクラブチーム、サンフレッチェ広島の本拠地がある。  

  • 最終更新:2017-07-24 23:38:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード