三木線

路線の特徴

三木線は厄神~三木を結んでいた三木鉄道の路線で現在は廃線。平成20年4月1日に廃止されている。

元は播州鉄道によって大正5年に厄神~別所が開業。大正6年に別所~三木が延伸(三木線の全通)した。
大正12年に播丹鉄道に譲渡され、昭和18年に国有化。国鉄三木線になった。
特定地方交通線第1次廃止対象となったため、第三セクター鉄道へ転換することに。昭和60年に三木鉄道に転換。
三木鉄道は三木市や兵庫県が株主で、特に三木市は筆頭株主だった。
三木鉄道は慢性的な赤字を抱え、これを財政的に支援していた三木市の財政再建の一環として三木鉄道の廃止を掲げる市長が当選するなどして、平成20年に廃線となった。
会社としての三木鉄道は平成22年に清算を終えて現在は消滅しています。

厄神~三木の営業距離は6.6kmで、平成14年の芝山鉄道開業までは第三セクター路線としては日本で一番短い路線でもあった。

廃止代替バスが運行されているため、奪取は比較的容易。
但し、駅舎などはほとんど解体されているため、往時を偲ぶことのできる場所は多くない。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
三木鉄道 9 8 廃止

代替バス情報

  • 運行主体は神姫バス。コミュニティバスタイプの小型車両を使用している。
  • ICカードはICOCA・PiTaPa・NicoPa(神姫バスオリジナル)が使用可能。
  • JR加古川線厄神駅~神鉄粟生線恵比須駅 or 神姫バス三木営業所間で運行されている。
  • 厄神駅~恵比須駅間の料金は310円
  • 厄神駅前停~三木鉄道記念公園前停間は概ね1時間に1本程度存在するが、厄神駅~恵比須駅を結ぶ便は運行本数が極端に少ない。土休日では日中に5時間ほど運行のない時間帯が存在するので注意。
 【厄神駅前停時刻表】
 【三木鉄道記念公園前停時刻表】
 【恵比寿駅停時刻表】

駅一覧

  • 廃止のルートに神姫バスが三木鉄道代替バスを運行している。
  • 宗佐、下石野、西這田、高木は三木鉄道に譲渡されてから開業した駅。
  • 厄神駅はJR加古川線の駅として現役で、別駅扱いになっていない。リンクした段階で三木線の駅としても登録される。
  • レーダーを使用すれば神鉄粟生線からコンプは可能。

駅名
えきめい
所在 備考 接続 最寄バス停
厄神
やくじん
兵庫県 ・駅の北東側ロータリーに代替バスの停留所がある。 JR加古川線  
国包
くにかね
・本来の駅は国包西停~国包東停間のやや国包西停寄りに位置する。
JR加古川線厄神駅~市場駅間からも取得可能。
  国包西停・国包東停
宗佐
そうさ
・本来の駅は国包東停~宗佐中停のやや国包東停寄りに位置する。
JR加古川線厄神駅~市場駅間からも取得可能。
  国包東停・宗佐中停
下石野
しもいしの
    下石野停
石野
いしの
・木造駅舎とホーム、レールが残っている。   石野停
西這田
にしほうだ
    西這田停
別所(兵庫)
べっしょ
・木造駅舎とホーム、レールが当時のまま残っている。
・駅前には往時の三木鉄道を描いた石碑がある。
  東這田東停
高木(兵庫)
たかぎ
・駅ホームや運賃表が残っている。   高木停
三木(三木鉄道)
みき
・跡地は三木鉄道ふれあい館になっている。
神鉄粟生線三木駅とは850mほど離れており、徒歩で約15分。
【三木(神戸電鉄)】(別駅扱い)
神鉄粟生線
三木鉄道記念公園前停

レーダー取得情報

  • 三木(廃駅)以外すべて
JR加古川線厄神駅からなつめスキルで可能

  • 宗佐、国包、厄神以外すべて
神鉄粟生線三木駅からなつめスキルで可能

  • 最終更新:2017-04-26 22:19:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード