三陸鉄道北リアス線

路線の特徴

  • 宮古~久慈間を結ぶ路線。テレビドラマ「あまちゃん」の劇中にも登場した。(ドラマ内では「北三陸鉄道リアス線」という設定。)
    東日本大震災の影響を大きく受けたが、現在は全線で復旧している。

  • 大半がトンネル区間であり、携帯の電波が入りにくい駅もあるため注意。

  • 震災で壊れた車両の代わりに新造された車両などにUAE(アラブ首長国連邦)からの支援で製造された旨の書かれたシールが張られている。

  • 2019年3月に、JR山田線の不通区間である宮古~釜石間が三陸鉄道へ移管され、南リアス線と繋がり「リアス線」に統一される予定。
    南北リアス線直通列車は一日二本の予定。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
三陸鉄道 17 15   現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
宮古
みやこ
岩手県   JR山田線
山口団地
やまぐちだんち
   
一の渡
いちのわたり
   
佐羽根
さばね
   
田老
たろう
   
摂待
せったい
   
岩泉小本
いわいずみおもと
・2015年12月22日までは「小本(おもと)」駅だった。
・2016年12月22日に修正されるまで、振り仮名が「いわいずみおもとえき」となっていた。
 
島越
しまのこし
   
田野畑
たのはた
・携帯電話の電波が入りにくいと駅ノートに情報あり。  
普代
ふだい
   
白井海岸
しらいかいがん
・山に囲まれた位置にありホームの両側はトンネルになっているため、携帯電波が入りにくい。  
堀内
ほりない
・白井海岸~堀内間の橋の上でで徐行・停車し、景色を楽しめるサービスをしている。  
野田玉川
のだたまがわ
   
十府ヶ浦海岸
とふがうらかいがん
・2017年3月25日開業。
・駅メモでは2017年3月22日のメンテナンスで追加された。
 
陸中野田
りくちゅうのだ
   
陸中宇部
りくちゅううべ
   
久慈
くじ
・1日20個限定のウニ弁当が有名、しかも季節により売らない場合もあり幻の駅弁とも。
・鉄道むすめ「久慈ありす」の苗字の由来駅。名前のありすは「リアス」のアナグラム。
JR八戸線

すでに終了したイベントの対象駅



  • 最終更新:2018-06-25 13:29:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード