下津井電鉄

路線の特徴

  • 下津井電鉄線は下津井~茶屋町間を結んでいた下津井電鉄の路線で、現在は廃線。1991年1月1日に全線廃止。
    軌道は狭軌(762mm)で、軽便鉄道として開業してから廃止まで同一規格だった。
    下津井・児島地区から岡山・倉敷方面への貨客輸送が主な鉄道で、使用していた列車は軌道が狭軌だったことからJR車両に比べて小型でスリムだった。

  • 1913年11月11日に下津井軽便鉄道の茶屋町~味野町(後の児島)間が開業したのが始まり。全線開通は1914年3月15日。

  • 交通網が整備されるにつれ下津井電鉄線の利用客は急減。
    1972年4月1日、児島~茶屋町が部分廃止。この区間は一部が国道30号の整備で転用されたほか、大部分は遊歩道として整備されている。

  • 部分廃止後は徹底的なコストカットで、所有車両を21両から6両へ、下津井駅のみ駅員を配置して残りを無人駅に、
    鉄道部門の人員を10人にし、バス事業などの黒字で鉄道事業の赤字を補填する形で存続。
    映画やドラマの撮影協力を積極的に行うなどの企業努力も行われた。

  • 1988年に瀬戸大橋が開通したことで観光客を取り込めず、更にバス事業も不振で鉄道事業を補填できなくなってしまった。
    JR瀬戸大橋線が児島~岡山をおよそ30分で連絡できたことも大きな原因のようである。

  • 結果として、下津井電鉄線は1990年の12月31日の運転を最後に、1991年1月1日、残っていた下津井~児島を廃止。同区間の鉄道用地は倉敷市が買い上げ、遊歩道として整備されている。

  • 遊歩道として整備されている区間は、下津井電鉄(下電バスとして路線バスを運行)がそのまま入居している下津井駅を除き、基本的に解体されており、ホームだけ残されている駅が多い。

  • 廃線跡を巡るのであれば、遊歩道「風の道」を自転車で走ることが出来るので、往時の風景が残る道を走って駅にチェックインしたい。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
下津井電鉄 15 14 廃止

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続 最寄バス停
下津井(下津井電鉄)
しもつい
岡山県 駅舎が現存
当時の車輌も静態保存されている
  下津井
東下津井
ひがししもつい
駅跡には駅名標を模した案内板   下津井中学校入口
鷲羽山
わしゅうざん
案内板あり
「風の道」の休憩ポイントになっている
瀬戸大橋上(与島付近以北)からはここが取れやすい
  田ノ浦
琴海
きんかい
案内板あり
「風の道」になっている
児島競艇場の近く
  競艇場正門前
阿津
あつ
案内板あり
「風の道」になっている
  倉敷シティ病院前
備前赤崎
びぜんあかさき
案内板あり
「風の道」になっている
  阿津一丁目
児島(下津井電鉄)
こじま
瀬戸大橋線の児島駅とは別駅扱い ※下記の「駅情報」を参照  
児島小川
こじまおがわ
     
柳田(岡山)
やないだ
     
稗田
ひえだ
     
福田
ふくだ
     
林(岡山)
はやし
     
藤戸
ふじと
     
天城
あま
     
茶屋町
ちゃやまち
  JR宇野線
JR本四備讃線(瀬戸大橋線)
 

廃線付近には下津井電鉄バス(下電バス)が路線バスを走らせている。
全区間を巡るバスはないので訪問の際は注意。

地図

レーダー取得情報

  • 以下の駅は瀬戸大橋線車内から直接チェックイン可能。
    • 天城・藤戸(茶屋町~植松)
    • 阿津・琴海(児島駅と鷲羽山トンネルの間)
    • 鷲羽山(鷲羽山トンネル(本州側最後のトンネル)出口と与島(四国上陸前の最後の大きい島)の間)
  • 天城は2017年4月の座標修正によって瀬戸大橋線車内から直接チェックインできるようになった。
  • 下津井~稗田は児島(JR)から12駅以内。
  • 林~天城は茶屋町から12駅以内。
  • 福田は瀬戸大橋線の上の町・木見・植松、下津井電鉄の藤戸から12駅以内。児島(JR)・茶屋町からはなつめスキルが必要。
  • 下津井電鉄・鷲羽山からも何駅かレーダー取得可能であるが、あまり南でチェックインすると四国側の駅で駅数が消費されてしまう。
    櫃石島(本州上陸前の最後の大きい島)あたりでチェックインすると四国側の駅が入らなくなり、下津井~稗田が12駅以内となる。
    四国側から瀬戸大橋線に乗車する場合、櫃石島のあたりで鷲羽山にチェックインし、直接チェックイン可能駅以外をレーダーで取っておくと、あまり慌てずに済む。

駅情報

  • 児島駅
    • 付近に瀬戸大橋線の同名駅があるが、別駅扱いであるためアクセス時に注意が必要。
    • 現役のJR児島駅でレーダーを使用することで取得できる圏内ではあるので狙ってみるのもいいかもしれない。
    • JR児島駅の西口から伸びる歩行者専用道を300mほど行った突き当たりにある「児島公園」の広場の真ん中あたりで下津井電鉄児島駅の最寄り駅圏内となる。
  • 茶屋町駅
    • 宇野線や瀬戸大橋線の駅と同駅扱い。

  • 最終更新:2017-08-08 10:16:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード