京急大師線

路線の特徴

  • 京急川崎~小島新田間を結ぶ路線。

  • 川崎大師の参詣路線として作られ、今でも川崎大師の参拝特別ダイヤが組まれることがある。また通勤路線でもある為、参詣路線として作られた区間としては乗客がかなり多い。

  • 全列車が線内のみを往復する運用で、他路線との直通運転ないし途中駅での折り返しはない。

  • かつては小島新田~桜本間にも路線を有していたが、川崎市電(1967年に区間廃止)への譲渡、ないし国鉄塩浜操駅の建設によって部分廃止された。
    その為、区間内には廃駅、付け替えの廃止線も多い。

  • 駅間が比較的短い為、駅出発後にチェックインしようとすると、タイミングによっては隣の駅にチェックインすることになる可能性がある。

  • 現在、地下化工事の真っ最中である。
    (完成は当分先になる見込みだが、将来的には列車内から正確にチェックインできなくなる恐れがある。よって、駅メモ的には地上を走っているうちに訪問した方が吉。)

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
京浜急行電鉄 7 6 KK   現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
KK20 京急川崎
けいきゅうかわさき
神奈川県   京急本線
【川崎】
JR東海道本線(東京~熱海)
JR京浜東北線
JR南武線
KK21 港町
みなとまち
   
KK22 鈴木町
すずきちょう
   
KK23 川崎大師
かわさきだいし
   
KK24 東門前
ひがしもんぜん
   
KK25 産業道路
さんぎょうどうろ
   
KK26 小島新田
こじましんでん
   

  • 最終更新:2017-07-25 22:43:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード