京成本線

路線の特徴

  • 京成上野~成田空港間を結ぶ路線。路線総延長は69.3km。

  • 1912(大正元)年に押上(現:京成押上線押上)~曲金(現:京成高砂)~伊予田(現:江戸川)で開業。
    現在の路線になったのは平成3年(京成成田~成田空港の開業)から。

  • 現在の成田空港が開業するまでは、京成東成田線の東成田が成田空港を名乗り、そちらが本線だった。

  • 駅メモの京成本線は2つの廃駅と、東成田線の東成田駅が含まれている。
    東成田駅へは京成成田から芝山鉄道方面とアクセスする。

駅メモ路線情報

  • 京成上野~江戸川:東京都に所在。
  • 国府台~成田空港:千葉県に所在。
運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
京成電鉄 45 34 KS   現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
KS01 京成上野
けいせいうえの
東京都   京成成田空港線(成田スカイアクセス)
【上野】
JR山手線
JR東北本線(宇都宮線)
JR常磐線(上野~取手)
JR高崎線
JR京浜東北線
東京メトロ銀座線
東京メトロ日比谷線
東北新幹線
上越新幹線
JR上野東京ライン
廃止駅 博物館動物園
はくぶつかんどうぶつえん
1997年休止
2004年廃止
 
KS02 日暮里
にっぽり
  JR山手線
JR常磐線(上野~取手)
JR京浜東北線
京成成田空港線(成田スカイアクセス)
日暮里・舎人ライナー
KS03 新三河島
しんみかわしま
   
KS04 町屋
まちや
  【町屋駅前】
東京メトロ千代田線
都営都電荒川線
廃止駅 西千住
にしせんじゅ
1943年休止
1947年廃止
 
KS05 千住大橋
せんじゅおおはし
   
KS06 京成関屋
けいせいせきや
  【牛田】
東武伊勢崎線
KS07 堀切菖蒲園
ほりきりしょうぶえん
   
KS08 お花茶屋
おはなぢゃや
   
KS09 青砥
あおと
青砥そらの由来駅 京成押上線
京成成田空港線(成田スカイアクセス)
KS10 京成高砂
けいせいたかさご
  京成押上線
京成金町線
京成成田空港線(成田スカイアクセス)
北総鉄道
KS11 京成小岩
けいせいこいわ
   
KS12 江戸川
えどがわ
   
KS13 国府台
こうのだい
千葉県    
KS14 市川真間
いちかわまま
  【市川】
JR中央・総武線
JR総武本線
KS15 菅野
すがの
   
KS16 京成八幡
けいせいやわた
  【本八幡】
JR中央・総武線
都営新宿線
KS17 鬼越
おにごえ
   
KS18 京成中山
けいさいなかやま
   
KS19 東中山
ひがしなかやま
・中山競馬場の最寄駅の一つ。競馬開催時は大混雑に注意。  
KS20 京成西船
けいせいにしふな
  【西船橋】
JR武蔵野線
JR中央・総武線
東京メトロ東西線
東葉高速鉄道
KS21 海神
かいじん
   
KS22 京成船橋
けいせいふなばし
  【船橋】
JR中央・総武線
JR総武本線
東武野田線
KS23 大神宮下
だいじんぐうした
   
KS24 船橋競馬場
ふなばしけいばじょう
・船橋競馬場の最寄駅。競馬(特にかしわ記念)開催時は混雑に注意。
・ららぽーとTOKYO-BAYの最寄駅。
・かつては「センター競馬場前」という駅名だった。
 
KS25 谷津
やつ
   
KS26 京成津田沼
けいせいつだぬま
  京成千葉線
新京成電鉄線
KS27 京成大久保
けいせいおおくぼ
   
KS28 実籾
みもみ
   
KS29 八千代台
やちよだい
   
KS30 京成大和田
けいせいおおわだ
   
KS31 勝田台
かつただい
  【東葉勝田台】
東葉高速鉄道
KS32 志津
しづ
   
KS33 ユーカリが丘
ゆーかりがおか
  ユーカリが丘線
KS34 京成臼井
けいせいうすい
北総鉄道の白井駅との混同防止の為、方向幕の行先表示は「うすい」と表示される。  
KS35 京成佐倉
けいせいさくら
   
KS36 大佐倉
おおさくら
   
KS37 京成酒々井
けいせいしすい
・難読駅。  
KS38 宗吾参道
そうごさんどう
   
KS39 公津の杜
こうづのもり
   
KS40 京成成田
けいせいなりた
・東成田、芝山鉄道方面は当駅乗り換え。 【成田】
JR成田線
KS44 東成田
ひがしなりた
・旧成田空港駅。駅各所にその名残がある。
・本来は「京成東成田線」だが、ゲーム内は京成本線の扱いとなっている。
・空港第2ビル、成田空港駅発着の列車は当駅を経由しない
・一部列車が芝山鉄道と直通運転を行っている。
芝山鉄道(芝山千代田まで直通運転)
KS41 空港第2ビル(第2・第3旅客ターミナル)
くうこうだいにびる
搭乗便によって乗降駅が違うので注意。
空港のHP
JR成田線
JR成田エクスプレス
京成成田空港線(成田スカイアクセス)
KS42 成田空港(第1旅客ターミナル)
なりたくうこう
  JR成田線
JR成田エクスプレス
京成成田空港線(成田スカイアクセス)
京成成田の次に東成田が入り駅番号が前後していますが、駅メモの登録順に準拠しています。
(廃止駅は駅メモでは成田空港の次の扱いになっていますが、取りこぼしを防ぐため途中に入れる形を取っています)
※KS43は京成成田空港線(成田スカイアクセス)の成田湯川駅。



すでに終了したイベントの対象駅



駅情報

博物館動物園駅

昭和8年12月10日開業、平成9年4月1日休止、平成16年4月1日に廃止された駅。
京成上野~日暮里間にあった地下駅。
現在も駅舎やホームは現存しているが構内に立ち入り出来ない。
京成上野との間が0.9kmと短く、休止直前は7時~19時までの営業で、普通列車も一部が通過していました。
地下にあったため保安上の理由から無人化できず、また自動券売機や自動改札機も最後まで設置されませんでした
京成上野~日暮里間を列車が通過する際に進行方向左手をよくみると駅跡のホームをみることができます。うっすらと非常灯が点灯しています。
現在は非常用の避難口として整備されていて、駅の入り口だった地上建物(東京国立博物館敷地内)は扉は閉じていますが「博物館動物園駅跡」とはっきりわかる形で現存しています。

西千住

昭和10年6月1日開業、昭和18年10月休止、昭和22年2月28日に廃止された駅。
足立区千住緑町の分譲地は京成電気軌道(京成電鉄の前身)の上野公園(現在の京成上野)~日暮里間のトンエル工事をした際の残土で隅田川を埋め立てたもので、この分譲地の利便性向上を図って設置されました。
しかし、千住大橋が近く、戦争中で不要不急とみなされた西千住は昭和18年に休止。戦後も復帰することなく廃止になりました。
駅の遺構はほとんど残っていません。現在の千住警察署千住緑町交番付近に存在しました。
住宅密集地のため、訪問する際に迷子にならないように。

  • 最終更新:2017-07-01 12:00:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード