京都市営地下鉄東西線

路線の特徴

  • 六地蔵~太秦天神川間を結ぶ路線。六地蔵のみ宇治市に、それ以外の駅は京都市に位置する。

  • 御陵~太秦天神川間で京阪京津線の列車が乗り入れている。
    また、当路線の山科駅と京阪山科駅は別会社かつ別駅の為、差額運賃が発生する。
    • 当線の開業以前は京津線が京津三条駅まで伸びていたが、当線の開業に伴い御陵~京津三条間は廃止され、当線乗り入れとなった。

  • 「東西線」と名付けられているが、東西方向に走っているのはいわゆる「碁盤の目」の中が主で、全体の半分程度。
    山科~六地蔵間は京都外環状線の真下を走行している。

  • 地下の深いところを走っている区間が多く、正確なチェックインが難しい傾向にある。
    列車からホームに降りてアクセスしても、トンネル入口のある山科などに飛んでいく事が多い。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
京都市交通局 17 12 T 朱色 現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
T01 六地蔵(JR)
ろくじぞう
京都府 京阪宇治線の駅とは別駅扱いであり、やや離れている。
・ゲーム上当駅はJRの駅と共用
・JRは宇治市所在で京都市内駅ではない。
JR奈良線
【六地蔵(京阪電気鉄道)】
京阪宇治線
T02 石田(京都)
いしだ
   
T03 醍醐(京都)
だいご
醍醐寺の最寄駅。
・当駅西側の地下に車庫がある。
 
T04 小野(京都)
おの
   
T05 椥辻
なぎつじ
   
T06 東野(京都)
ひがしの
・この付近で東海道新幹線と交差。  
T07 山科
やましな
いおりスキル対象駅。
京阪京津線京阪山科駅とは別駅扱い、且つ改札外乗換となるので注意。
・地下鉄駅構内では、ほぼ「京阪山科駅」と判定される。
JR東海道本線(琵琶湖線)(米原~京都)
JR湖西線
【京阪山科】
京阪京津線
T08 御陵
みささぎ
・難読駅。
・改札を出ずに京阪京津線方面へ行く場合、当駅で乗換えとなる。
京阪京津線
(四宮、浜大津まで直通運転)
T09 蹴上
けあげ
・京津線時代は九条山駅、日ノ岡駅もあった。(駅メモ未収録)  
T10 東山(京都)
ひがしやま
平安神宮八坂神社の最寄駅。  
T11 三条京阪
さんじょうけいはん
・駅名に「京阪」が入っているが、地下鉄の単独駅である (*1)
・かつては当駅付近に京津線時代の京津三条駅もあった。
【三条(京都)】
京阪本線
京阪鴨東線
T12 京都市役所前
きょうとしやくしょまえ
京阪京津線から乗り入れて来る列車の一部がここで折り返す。  
T13 烏丸御池
からすまおいけ
  京都市営地下鉄烏丸線K08
T14 二条城前
にじょうじょうまえ
・駅名の通り、二条城の最寄駅。  
T15 二条
にじょう
いおりスキル対象駅。 JR山陰本線(嵯峨野線)(京都~園部)
T16 西大路御池
にしおおじおいけ
島津製作所のお膝元。  
T17 太秦天神川
うずまさてんじんがわ
・地下鉄駅構内では、隣接する「嵐電天神川駅」と判定されることの方が多い。 【嵐電天神川】
京福電鉄嵐山本線A6

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2017-06-23 19:41:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード