伊予鉄道高浜線

路線の特徴

  • 高浜~松山市間を結ぶ路線。

  • 四国初の鉄道として1888年(明治21年)に開業した。

  • 普通列車のみで、日中はほぼ全列車が伊予鉄道横河原線と直通運転しており、15分間隔で運転されている。

  • 終点の高浜駅から松山観光港まではバスに乗り換えねばならず(徒歩15分以上)港までの延伸も計画されているが、
    費用、利用者数の伸び悩みなどで計画は停滞している。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
伊予鉄道 10 7 IY   現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
IY01 高浜(愛媛)
たかはま
愛媛県 高浜~梅津寺間は線内唯一の単線。  
IY02 梅津寺
ばいしんじ
梅津寺公園には復元ではなく本物の「坊ちゃん列車」が保存されている。  
IY03 港山
みなとやま
   
IY04 三津
みつ
   
IY05 山西
やまにし
   
IY06 西衣山
にしきぬやま
   
IY07 衣山
きぬやま
   
IY08 古町
こまち
  伊予鉄道1系統(環状線)
伊予鉄道2系統(環状線)
IY09 大手町(愛媛)
おおてまち
路面電車との平面交差(ダイヤモンドクロス)が見られる。 伊予鉄道1系統(環状線)
伊予鉄道2系統(環状線)
伊予鉄道5系統(松山駅前線)
IY10 松山市
まつやまし
  伊予鉄道郡中線
伊予鉄道横河原線
【松山市駅前】
伊予鉄道1系統(環状線)
伊予鉄道2系統(環状線)
伊予鉄道3系統(市駅線)

鉄道駅では無いが、松山観光港にも駅番号(IY00)が与えられている。

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2017-01-24 15:37:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード