倉吉線

路線の特徴

  • 倉吉線は鳥取にあった国鉄路線の一つで現在は廃線。倉吉~山守を結んだ。

  • 山陰本線の倉吉駅(開業時は上井駅)との連絡線で、山守駅から姫新線中国勝山駅までを結ぶ南勝線計画もあった。

  • 1912年6月1日、鉄道院の倉吉軽便線として上井(倉吉)~倉吉(打吹)が開業。
    1922年9月2日、鉄道省の倉吉線となる。
    1941年5月17日、倉吉(打吹)~関金が延伸開業。
    1958年12月20日、関金~山守が延伸開業。
    廃止までに倉吉→打吹、上井→倉吉に改称。
    1985年4月1日、第1次特定地方交通線の対象路線として全線廃止。バス転換。

  • 全線が簡易線で敷かれていたので、営業時の普通列車の表定速度が20km/h以下の区間があった。
    西倉吉から倉吉までの6.8kmで27分を要したと紹介されたこともあり、日本一の鈍足列車運転線区と呼ばれた。

  • 廃止まで高規格化工事を施されることもなく、戦時の不要不急線の扱いも受けることなく、開業から廃止までの約72年を走りぬいた。

  • 廃止代替バスは日本交通、日ノ丸自動車、中鉄バス(現在は中鉄美作バス)の3社が引き受けたが、2007年に中鉄美作バスの路線は廃止になっている。

  • 廃線跡は西倉吉~上小鴨は遊歩道(花と緑のふれあいロード)になっているが、上小鴨~山守はレールなどが散見される区間である。泰久寺駅はホームまで現存している。
    関金資料館付近から山守駅付近まである遊歩道(サイクリングロード)は倉吉線が転用されていて、かつての山守駅まで歩くことができる。
    そのほかでも遺構が残っている場所が散在している。

  • 西倉吉駅は当時のホームの一部が再利用しての公園に、打吹駅は跡地に倉吉線鉄道記念館が建てられ、往時の倉吉線を知ることが出来るほか、
    蒸気機関車のC11 75号(福知山線などを走っていたSL)などが静態保存されている。
    倉吉駅は2009年の橋上駅舎供用のため建て替えられ、その際に倉吉線が発着していた5番線ホームは消滅。現在の倉吉駅バスターミナルあたりから発着していた。

  • 関金町資料館にも倉吉線に関する資料が展示されている。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
日本国有鉄道 9 8 廃止

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続 最寄バス停
倉吉
くらよし
鳥取県 現役線で登録あり
廃止時の接続線は国鉄山陰本線
JR山陰本線(豊岡~米子) 倉吉駅前
上灘
うわなだ
打吹駅方面に向けて遊歩道出入口
上灘コンフォートステーションとして整備されている
  総合事務所前
厚生病院前
打吹
うつぶき
現在は倉吉線鉄道記念館   赤瓦・白壁土蔵
西倉吉
にしくらよし
現在は公園(ロードステーションにしくら)   西倉吉
西倉吉町
小鴨
おがも
現在は公園(ロードステーションおがも)   日本交通
中河原
上小鴨
かみおがも
現在は公園(ロードステーションおがも)   日本交通
上古川
関金
せきがね
倉吉市立加茂川中学校前付近   日本交通
中学校入口
関金庁舎前
泰久寺
たいきゅうじ
ホームが残っているが周囲に目印になるようなものがない
泰久寺バス停から山守方向に600mほど先付近
  日本交通
泰久寺
山守
やまもり
位置的には今西上(倉吉方)~下堀(明高方)の中間付近
目印になる建物はないが駅前にあった桜が残っている
  日本交通
今西上

廃止代替バスの最寄バス停を参考に載せている。
特に表示がない場合は日本交通と日ノ丸バスの両者のバス停となる。
旧線近くを通しでは運行していないので訪問時は要確認。

地図

レーダー取得情報

  • 山守以外すべて
JR山陰本線(豊岡~米子)倉吉からなつめスキルで取得可能

  • 山守
JR山陰本線(豊岡~米子)八橋からなつめスキルで取得可能

  • 最終更新:2017-07-25 21:47:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード