勝田線

路線の特徴

katsutaline5
katsutaline1
katsutaline2
katsutaline3
勝田線(かつたせん)は日本国有鉄道の路線で、福岡県にあった。吉塚~筑前勝田を結ぶ。現在は廃線
全線廃止は1985年4月1日。
廃線なので、アイテム「ルートビューン」は使用不可。

1916年に、志免炭鉱(右図2枚目)などで産出される石炭の輸送や、宇美八幡宮の参拝客輸送を目的として、筑前参宮鉄道が設立されたのが始まり。
1918年に、まず貨物線として宇美~筑前勝田が開業。1919年に吉塚~宇美が延伸開業して全通。
1942年に筑前参宮鉄道が九州電気軌道に吸収合併され、路線名が宇美線になった。同年、九州電気軌道は西日本鉄道となった。
1944年、戦時買収で宇美線は国有化されて国鉄へ。同時に勝田線に改称。
1981年に第1次特定地方交通線に指定され、1985年に全線廃止。

廃線跡の多くは遊歩道や一般道に転用されていますが、一部、イオンモール福岡ルクルの駐車場(歩道整備あり)や、JR九州の現役線になっている部分があります。
廃止時の駅舎は現存していないものの、志免駅の跡地にある志免鉄道記念公園(右図4枚目)などで、往時の勝田線を偲ぶことが出来ます。

廃止になったのは、単線ローカルで、志免炭鉱などの閉山によって貨物輸送が見込めなくなったことや、西鉄バスがほぼ同じコースで競合バス路線を運行していたからと言われています。
また、博多や天神方面には勝田線沿線と直結するバス路線が高頻度で運行していて、バスの利便性のほうが高かったとも。
廃線直前は沿線住民数が増えても平日6往復休日7往復を堅持して、福岡近郊路線とは思えないほどの不便ダイヤを見せ付けた。勝田線は「いらない子」じゃないよ!
国鉄の無策と西鉄の戦略が合わさって最強に見える。

もし戦時買収されなかったら、沿線住民が増えた段階で勝田線を近代化していれば、利用客の見込める路線だったはずで残念。
最終的に、国鉄が買い取った勝田線は、西鉄バスに置き換えられる形で消滅しました。
あれ? 残ってても西鉄バスに置き換えられたんじゃ?

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
日本国有鉄道 7 5 廃止

駅一覧

右上図1枚目も参照のこと。
駅名
えきめい
所在 備考 接続 最寄りバス停
吉塚
よしづか
福岡県   国鉄鹿児島本線【JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)
国鉄篠栗線【JR篠栗線(福北ゆたか線)
吉塚駅
吉塚駅東口
御手洗
みたらい
現在は公園で志免緑道の終点。
篠栗線柚須~原町間で直接チェックイン可能。
  釜屋・イオン前
御手洗
上亀山
かみかめやま
現在は上亀山駅跡公園   亀山
志免
しめ
現在は志免鉄道記念公園。
志免緑道の起点。
  志免鉄道公園
下志免(しもしめ)
下宇美
しもうみ
現在は下宇美緑道公園。下宇美バス停すぐ傍。   下宇美
宇美
うみ
宇美八幡宮最寄り駅。 国鉄香椎線【JR香椎線(香椎~宇美) JR宇美駅
上宇美(かみうみ)
宇美町役場入口
筑前勝田
ちくぜんかつた
駅跡は公園になっている。宇美駅から緑道が整備。原田橋バス停すぐ傍。   原田橋(はるだばし)

攻略法

レーダー使用

  • 下表は、横軸に勝田線の駅、縦軸に近隣の他路線(現役路線)の駅を取り、他路線の駅から勝田線の駅をレーダーで狙った場合、レーダー検知数は何駅必要かを示している。レーダーでの取得が不可能な箇所は空欄とした。
  • 検知数の出典は全て「最寄り駅サーチ」。検知数と電友数の関係についてはなつめのページを参照のこと。

展開して表示

  • 表の通り、当路線は、篠栗線桂川~吉塚間乗車中に、レーダーでコンプ可能である(検知数10駅必要)。
    但し、キャリアによっては、九郎原駅~筑前山手駅は電波が弱く、駅メモの操作自体が困難な場合がある。確実に取るには、香椎線長者原~宇美間にも乗車するつもりで臨むのが良いだろう。
  • 御手洗駅は、篠栗線柚須~原町間乗車中に直接チェックイン可能(地図)。前掲の「最寄り駅サーチ(Android)」や「駅ろけサーチ(iOS)」を併用していれば容易。
  • 上亀山駅も柚須~原町間乗車中に直接チェックイン可能だが、その範囲は狭い。ここは、レーダーで取るつもりでいたほうが良い。
  • 宇美駅は、駅メモでは香椎線の駅と同一駅扱い(実際には離れていた)。
  • 宇美駅より徒歩5分の「宇美町役場入口」バス停から西鉄バス4-1番「太宰府市役所前」行きに乗り、西鉄太宰府線太宰府駅へと移動する場合、途中の「原田橋」バス停付近で筑前勝田駅に直接チェックイン可能。この場合は当然、筑前勝田駅の分のレーダー消費は不要となる。

レーダー不使用 路線バス利用

katsutaline6
レーダーを一切使用しない場合、並行する路線バスを利用するのが便利。
「吉塚駅東口」バス停から、西鉄バス34番「原田橋」行きに乗車し、筑前勝田駅最寄りの「原田橋」バス停まで片道40~50分。540円。途中、上表の太字のバス停にて、各駅に直接チェックイン可能。路線図は右図の通り。
帰路は、以下からお好きなものをどうぞ。
  • 廃線跡の歩道を宇美駅まで歩く(徒歩30~40分)。
  • 折り返しのバスに乗って「宇美町役場入口」で降り、宇美駅へ(徒歩5分)。
  • 原田橋バス停から西鉄バス4-1番「太宰府市役所前」行きに乗車し、太宰府駅へ(片道14分、290円)。そのまま西鉄太宰府線に乗り換えて、こちらも制覇。
なお、当路線攻略と同じ日に、西鉄電車や他の西鉄バス路線にも乗車する場合、バスの通常運賃が高額な路線もあるため、にしてつ電車・バス共通1日フリー乗車券「FUKUOKA 1DAY PASS」の利用がお得である。

レーダー不使用 徒歩or自転車

katsutaline7
レーダーも路線バスも一切使用しない場合、徒歩または自転車で廃線跡を辿るのが良い。
線路跡はほぼ全てが道路として残っており、その大半は遊歩道として整備されている。跡を辿るのは極めて容易。右図は下宇美駅だが、ここと志免駅では、ホームが今なお残されているのを見ることもできる。このように、各駅跡が公園になっているほか、随所にベンチやトイレ等もあり、休憩もいつでも取れる。勿論、どうしても疲れたら上述のバスに乗るのも良いだろう。
詳細は、後掲する個人サイト等を参照のこと。

その他の攻略法

  • 上述の西鉄バス34番「原田橋」行きには、大濠公園天神地区からも乗車できる。
  • 「福岡空港前」バス停から、西鉄バス3番「宇美営業所」行きに乗ると、志免駅跡の目の前「志免鉄道公園」バス停まで片道13分、250円。
    但し、この「福岡空港前」バス停があるのは福岡空港国内線ターミナルから道路1本挟んだ反対側であり、初見での発見はやや困難。地下鉄福岡空港駅からの場合は4番出口へ。
    ターミナルの目の前にある「福岡空港国内線」等のバス停からは、この系統は発車しないので注意。

補足

  • 吉塚~御手洗は篠栗線と重複する区間があり、その区間内に勝田線廃止後に柚須駅(ゆすえき)が設置されている。
  • 上亀山~志免に南里駅、志免~下宇美に田富駅、宇美~筑前勝田に大谷駅があったが、西鉄から国鉄に戦時買収された際に廃止されている。廃止日時は1944年5月1日。これらの各駅は駅メモには登録されていない。
  • 吉塚駅、宇美駅は共に現役で同一駅として登録されている。
    • 宇美駅は勝田線と香椎線で100mほど離れていて、駅舎も別。本来は同名の別駅です。
  • 全線が西日本鉄道にバス転換されているが、廃止代替ではなく当時の競合だった。
  • 右上図2枚目の建物は旧志免鉱業所竪坑櫓。志免駅跡(鉄道公園)のすぐ傍に現存する建物で、国の重要文化財。
  • 右上図4枚目の画像は、2007年のアニメ『スケッチブック ~full color's~』より引用。
  • 福岡空港内でアクセスする場合、機内搭乗中は航空法により禁止でまた公式でサポート外です。付近は着陸態勢に入っています。

関連リンク



 

  • 最終更新:2017-05-13 19:23:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード