北条鉄道

路線の特徴

  • 粟生~北条町間を結ぶ第三セクター路線。旧国鉄の北条線を継承した路線であり、加西市南部の田園地帯を通る。

  • 線内折り返し列車のみ1時間あたり1本の運行で、ワンマン運転を実施している。

  • 夏休み時期に「かぶと虫列車」、9~10月ごろに「すずむし列車」、クリスマスシーズンに「サンタ列車」の運行を行っている。

  • 法華口、播磨下里、長の3駅では大正時代以来の木造駅舎とプラットホームが現役で使用されている。

  • 1日乗車券あり。粟生~北条町の往復と同額なので、往復するだけで元が取れる。
    発売所は北条町駅のみだが、運転士から代金と引き換えで「引換券」を受取り、これを1日乗車券の代わりとして使うことができる。


駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
北条鉄道 8 7 現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
粟生
あお
兵庫県 ・当路線の列車は3番のりばから発車する。 JR加古川線
神鉄粟生線
網引
あびき
   
田原
たはら
   
法華口
ほっけぐち
・ボランティア駅長が、列車が見えなくなるまで見送りをしてくれる。
(但しいない曜日があったり、パン売り切れ後も居なかったりする場合がある。)
 
播磨下里
はりましもさと
   

おさ
   
播磨横田
はりまよこた
   
北条町
ほうじょうまち
   

路線バス情報

北条町駅の駅前にある「アスティアかさい」バス停より、JR山陽本線姫路駅方面などへ路線バスあり。
また、法華口駅からもやや少ないが法華山一乗寺経由の姫路駅北口が存在。
路線図はこちら。時刻・運賃等は神姫バスNaviにて、出発地を「アスティアかさい」、到着地を「姫路駅(北口)」などとして検索。
なお、「神姫バス」の読み仮名は「しんきばす」である。

  • 最終更新:2018-01-07 02:43:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード