十和田観光電鉄

路線の特徴

十和田観光電鉄は三沢~十和田市を結んだ鉄道路線を運営していた鉄道会社。
運営していた鉄道線は現在廃線。2012年4月1日に廃線になっている。

十和田観光電鉄の略称は十鉄(とうてつ)。現在は青森県を中心としてバス事業を行っている。
公式サイトはこちら

鉄道は1922年9月5日に十和田鉄道の古間木(三沢)~三本木(十和田市)が開業したことのが始まりでこのときに全通。
何度か駅の移設をしていますがほぼ開業当時のルートを最後まで営業していました。

2010年の東北新幹線の新青森延伸による七戸十和田駅開業で、三沢駅を経由しての十和田湖観光の需要が減少。
更に2011年の東日本大震災で鉄道事業を補填していたバスやホテルなどの事業収益も減少。
地元自治体の援助も見込めないことから2012年に全線で廃止になってしまいました。

廃止時は平日17往復、土休日12往復の運転でした。

三沢駅は現存していて「とうてつそば」のそば屋や当時のホームを見ることができます。
十和田市駅はとうてつビル(昔、とうてつダイエーなどが入居)に入っていたため、建物自体の老朽化が激しいことから取り壊されてしまいました。跡地は十和田元町ショッピングセンターになっています。
その他の駅は簡易的なホームだったためか、沿線に現存していて、ところどころ踏切跡などにレールが残っているほか、路盤を確認することが出来ます。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
十和田観光電鉄 11 10 廃止

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続 最寄バス停
三沢(青森)
みさわ
青森県 ・連絡線で東北本線と直通できた 青い森鉄道
JR東北本線(八戸~青森)
三沢駅
大曲(青森)
おおまがり
付近に大曲という地名はなく、この近くで線路が大きく曲がることからついた駅名   大曲試験場
柳沢
やなぎさわ
当駅と七百駅との間で東北新幹線と交差するが、東北新幹線はトンネル内である   柳沢
七百
しちひゃく
    七百
古里(青森)
ふるさと
    古里
三農校前
さんのうこうまえ
青森県立三本木農業高校の最寄駅   三農校前
高清水
たかしず
    高清水
北里大学前
きたさとだいがくまえ
北里大学最寄駅   北里大学通
工業高校前
こうぎょうこうこうまえ
青森県立十和田工業高校最寄駅   工業高校
ひがし野団地
ひがしのだんち
    ひがし野団地
十和田市
とわだし
    十和田市駅

三沢~十和田市の間は十和田観光電鉄が廃止代替バス(十和田三沢線)を運行しています。
参考として駅跡の最寄バス停を案内しています。

レーダー取得情報

青い森鉄道三沢駅から、なつめスキルで十和田市以外の全駅を取得可能。

・三沢〜小川原間で、なつめスキルで全駅を取得可能。
ただし、両駅に停車中に十和田市以外を取得しておかないと間に合わなくなる可能性がある。

東北新幹線では、八戸~七戸十和田間で大曲~高清水のエリアを通過する。
ただし、この区間はトンネルが多く、トンネル内は圏外となるためチェックインできない。
トンネルの間で電波が回復した時にどこかの駅にチェックインして、残りはレーダーアクセスすることを考えた方が良い。

  • 最終更新:2017-07-24 23:28:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード