名古屋市営地下鉄名港線

路線の特徴

  • 金山~名古屋港間を結ぶ路線。
    かつては名古屋市営地下鉄名城線の一部であったが、2004年の名城線環状運転開始に伴い別路線とされた。
    • 現在も両線は直通運転を行っており、車両も統一されている。


  • 名古屋港水族館や南極観測船「ふじ」を訪れる際はこちらの路線を使うのが便利。
    ちなみに名鉄築港線にも東名古屋港駅が存在する。

  • JR東海が発行する「JR東海&16私鉄 乗り鉄たびきっぷ」は使用不可

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
名古屋市交通局 7 6 E 藤色 現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
名古屋市営地下鉄名城線栄、大曽根方面へ直通運転
E
01
金山(愛知)
かなやま
愛知県 ・名城線に入ってしまうとルートビューンが使用不能になる。 名古屋市営地下鉄名城線M01
JR東海道本線(浜松~岐阜)
JR中央本線(名古屋~塩尻)
名鉄名古屋本線
名鉄常滑線
E
02
日比野(名古屋市交通局)
ひびの
名鉄尾西線にも同名駅があるが、レーダーでは届かない。  
E
03
六番町
ろくばんちょう
東海道新幹線はこの付近で交差。  
E
04
東海通
とうかいどおり
名古屋市営地下鉄東山線高畑駅方面へのバスが日中毎時2本ある。  
E
05
港区役所
みなとくやくしょ
   
E
06
築地口
つきじぐち
   
E
07
名古屋港
なごやこう
名古屋港水族館、南極観測船「ふじ」の最寄駅。  

  • 最終更新:2017-08-02 23:51:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード