名鉄空港線

路線の特徴

  • 常滑~中部国際空港間を結ぶ路線。路線総延長は4.2km。

  • 2005年に開港した中部国際空港へのアクセス路線として、名鉄常滑線を常滑から延伸して開業。
    その為、運行形態も常滑線と一本化されている。

  • 空港アクセス特急ミュースカイは全車特別車(指定席)なので、乗車券のみでの乗車はできない。
    また、神宮前までの途中駅に一切停車しないのが基本なので、この先名鉄河和線などの制覇も目指すならば注意が必要。

  • 日中は上述のミュースカイ名鉄常滑線の主要駅に停車する特急、空港線内を各駅に停車する準急が30分サイクルで1本ずつ発着する。


駅メモ登録情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
名古屋鉄道 3 2 TA   現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
TA
22
常滑
とこなめ
愛知県 特急停車駅
・ルートビューンは制約上当駅で別れてしまう(中部圏遠征者は特に注意)。
名鉄常滑線TA
TA
23
りんくう常滑
りんくうとこなめ
急行停車駅  
TA
24
中部国際空港
ちゅうぶこくさいくうこう
ミュースカイ停車駅
セントレアのHP
・鉄道のほか東海各地からの路線バス、三重県との高速フェリーも運行されている。
・徒歩、及び自転車ではセントレアから出られない(自動車では有料道路しかない)。
 

  • 最終更新:2017-06-14 20:37:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード