名鉄竹鼻線

路線の特徴

  • 笠松~江吉良間を結ぶ路線。路線総延長は15.0km。

  • 名鉄名古屋本線との接続駅である笠松と名鉄羽島線の新羽島とを結ぶ運行が基本。
    早朝と平日夕方には名鉄岐阜発着の急行も存在する(竹鼻・羽島線内は各駅に停車)。


駅メモ登録情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
名古屋鉄道 9 7 TH   現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
NH
56
笠松
かさまつ
岐阜県 ・本線の岐阜方面と同じホームから発着。 名鉄名古屋本線NH
TH
01
西笠松
にしかさまつ
   
TH
02
柳津(岐阜)
やないづ
・2008年までは少し西側の曲線上にあった。運賃は当駅以南は暫定的に旧位置で計算。  
TH
03
南宿
みなみじゅく
・北行は改札に注意(忘れると入出場記録が異常で面倒なことになる)。  
TH
04
須賀
すか
   
TH
05
不破一色
ふわいしき
   
TH
06
竹鼻
たけはな
   
TH
07
羽島市役所前
はしましやくしょまえ
   
TH
08
江吉良
えぎら
・2001年までは大須まで営業していた(駅メモ登録なし) 名鉄羽島線TH
名鉄羽島線新羽島(TH09)まで直通運転

こぼれ話

  • かつては江吉良から2km先の大須駅まで伸びていた路線だったが、1982年に岐阜羽島へのアクセス路線名鉄羽島線が江吉良から分岐する形で開業し、江吉良~大須間は2001年に廃止された。

  • 岐阜羽島駅までの唯一のアクセス路線ではあるが、名鉄岐阜~新羽島間は岐阜~名古屋間の移動時間と同じかそれ以上の時間を要するので、新幹線を利用するなら名古屋に向かう方が便利なことが多いのが実情。とはいえ沿線の通勤・通学需要はあり、ダイヤも毎時4本は確保されている。

  • アクセス先の東海道新幹線岐阜羽島駅は1日3000人規模の利用者があり、売店などの設備も整っているので、羽島線まで制覇したらそこで補給や休憩を取ることも可能。

  • 最終更新:2017-07-24 23:03:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード