日本海ひすいライン

路線の特徴

  • 市振~直江津間を結ぶ路線。
    もともとは北陸本線の一部であったが、2015年3月14日に北陸新幹線の長野~金沢間が開業した事に伴い、第三セクター化された。
    当路線は、その内の新潟県内区間にあたる。

  • 全線電化されているが、糸魚川~梶屋敷間に交直デッドセクションが存在する為、
    交直流電車の新造・購入費、及び維持費などのコストを考慮し、線内の旅客列車は気動車による運用を実施している (*1)



駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
えちごトキめき鉄道 12 0*   現役
*移管前のJR北陸本線(富山~直江津)を除けば9駅

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
あいの風とやま鉄道線泊まで直通運転
市振
いちぶり
新潟県   JR北陸本線(富山~直江津)
あいの風とやま鉄道線
親不知
おやしらず
  JR北陸本線(富山~直江津)
青海(新潟)
おうみ
 
糸魚川
いといがわ
・雪月花始終着駅 JR北陸本線(富山~直江津)
JR大糸線
北陸新幹線
・この区間に交直デッドセクションが存在。
梶屋敷
かじやしき
JR北陸本線(富山~直江津)
 
浦本
うらもと
 
能生
のう
 
筒石
つついし
・トンネル内にある為、ホームでのチェックインは不可。
・確実にアクセスするなら、レーダーやルートビューン利用を推奨。
・入場券を買うと来駅証明がもらえる。
・2018年3月より、雪月花午後便(糸魚川発)停車駅
名立
なだち
 
有間川
ありまがわ
 
谷浜
たにはま
 
直江津
なおえつ
・雪月花停車駅
ICカードはJR東日本(新潟方面)専用
JR北陸本線(富山~直江津)
JR信越本線(直江津~新潟)
妙高はねうまライン
一部妙高はねうまラインに直通運転あり

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2018-06-11 11:17:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード