東京臨海高速鉄道

路線の特徴

  • 大崎~新木場間を結ぶ路線。開業時の正式名称は「東京臨海高速鉄道臨海副都心線」。
    2000年からは一般公募によって決定された愛称「りんかい線」を案内に使用している。
    ゆりかもめとは異なる路線である。

  • 大崎、東雲、新木場を除き、全ての駅が地下駅となっている。

  • JR埼京線と直通運転をしているが、JRとは別会社である為、運賃は大崎駅で分けて精算される。
    そのため、遠方から「東京都区内」発着の乗車券で訪れた場合、大崎駅から/までの運賃清算が必要になるので注意。
    • 東京エリアのフリー乗車券(たとえばこちら)には、りんかい線も乗車可能なものがあるので、お手持ちの乗車券をよく確認しよう。
    • この制限を逆手に取り、コミケ等イベント時には、「大崎で下車しても運賃変わらないので、大崎駅前に寄ってってね」と宣伝されることもある。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
東京臨海高速鉄道 8 4 R     現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
JR埼京線大宮、JR川越線川越まで直通運転
R08 大崎
おおさき
東京都 地上駅
・JRとの共同使用駅。
・JR東日本が定めている3レターコードは「OSK」。
JR山手線
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
R07 大井町
おおいまち
・地下深い駅なのでGPS捕捉できず、取得が難しい。
・乗車位置にもよるが、ホームからでも地上階への開けた場所では取得出来る事もある。
・それでも無理であればレーダー又はルートビューンを使うか、他路線からの取得を狙うと良い。
・当駅付近に京急本線と交差しているが乗換駅なし。
JR京浜東北線
東急大井町線
R06 品川シーサイド
しながわしーさいど
・地下深い駅なのでGPS捕捉できず、取得が難しい(環境にもよるが、ホームでもほぼ取れない)。
東京モノレールからの方が取りやすい。
 
R05 天王洲アイル
てんのうずあいる
・東京モノレールとは徒歩連絡となる。 東京モノレール
(信号所) ・車庫方面の線路が本来の京葉線になる計画であった。地図を見ると不自然な線形。
・この付近を通過する際、分岐側の60Km/h制限を通る「電車の揺れにご注意ください。」
R04 東京テレポート
とうきょうてれぽーと
  【お台場海浜公園】(約500m)
【青海(東京)】(約500m)
ゆりかもめ
R03 国際展示場
こくさいてんじじょう
東京ビッグサイトの最寄駅の一つだが、東京ビッグサイトからはチェックイン不可。
 (ゆりかもめ有明駅・国際展示場正門駅が間にあるため)
・コミケなどの大規模イベントの場合ホーム内25Km/hの徐行運転。
【有明(東京)】
ゆりかもめ
R02 東雲(東京)
しののめ
地上駅(高架駅)
・難読駅。
 
R01 新木場
しんきば
地上駅(高架駅) 東京メトロ有楽町線
JR京葉線

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2018-05-26 09:29:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード