東海道新幹線

路線の特徴

  • 東京~新大阪間を結ぶ新幹線(高速鉄道)路線。路線総延長は552.6km。 (*1)
    日本の3大都市である東京、名古屋、大阪を結ぶ路線であり、日本経済の大動脈でもある。

  • 東京オリンピックが開かれた1964年に開業し、日本の戦後復興の象徴として取り上げられる事が多い。

  • 運行する列車は最速タイプの「のぞみ」、各駅に停車する「こだま」、のぞみ未停車駅を補完する役割を持つ「ひかり」の3種類がある。
    開業当初は「ひかり」が最速だったものの、1992年の「のぞみ」の登場によりその座を譲った。

  • パターンダイヤが組まれており、2015年3月のダイヤ改正で1時間当たり、のぞみ最大10本、ひかり2本、こだま2本が運行できるようになった。
    N700またはN700Aで運転されるのぞみ号の一部で最高時速285km/hを出すようになり、所要時間の短縮や遅延回復に貢献している。

  • 当区間のネット予約は現在EX予約のみ(会員制)で東京~博多が対象。こちらはJR東日本の窓口・券売機では受け取れない。
    えきねっとはJR東海の窓口・券売機では受け取れない。在来線がJR東日本管内は注意が必要。

  • 在来線がJR東日本(東京~熱海)・JR西日本(米原~新大阪)管轄の駅でも新幹線駅はJR東海が管轄している。
    なお東京駅の丸の内口(西口)と熱海駅は改札外にはJR東海の窓口・券売機がない。

  • ほとんどの駅が東海道本線との接続駅であるため、「本」のつく駅・路線でスキルが発動するいおりは恩恵を受けやすい。
    • 当線の駅で対象外なのは東海道本線やその他「本」のつく路線と接続せず、名前にも「本」のない新横浜、新富士、岐阜羽島。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
JR東海 17 2 現役

駅メモ路線情報

駅名 所在 備考 接続
東京
とうきょう
東京都 ・東京都区内駅・山手線内駅
・在来線の3レターコードは「TYO」。
JR東海道本線(東京~熱海)
JR山手線
JR横須賀線
JR中央本線(東京~塩尻)
JR中央線(快速)
JR総武本線
JR京葉線
JR成田エクスプレス
JR京浜東北線
東京メトロ丸ノ内線
東北新幹線
上越新幹線
JR上野東京ライン
品川
しながわ
・東京都区内駅・山手線内駅
・在来線の3レターコードは「SGW」。
・2003年開業。
JR東海道本線(東京~熱海)
JR山手線
JR横須賀線
JR成田エクスプレス
JR京浜東北線
京急本線
新横浜
しんよこはま
神奈川県 ・横浜市内駅(運賃は在来線横浜駅扱い) JR横浜線
横浜市営地下鉄ブルーライン
小田原
おだわら
・一部のひかりが停車(日中は名古屋までノンストップ)。 JR東海道本線(東京~熱海)
小田急小田原線
伊豆箱根鉄道大雄山線
箱根登山鉄道
熱海
あたみ
静岡県 ・一部のひかりが停車(静岡・浜松停車)。
・待避線なし。
・駅内180Km/hの速度制限区間。
JR東海道本線(東京~熱海)
JR東海道本線(熱海~浜松)
JR伊東線
三島
みしま
・一部のひかりが停車(静岡・浜松停車)。
・1969年開業。
・当駅だけ停車線と通過線が逆。
JR東海道本線(熱海~浜松)
伊豆箱根鉄道駿豆線
新富士(静岡)
しんふじ
・運賃は在来線富士駅扱い。
・1988年開業。
・駅名の通り山側に富士山が見える。
 
静岡
しずおか
・毎時1本ひかりが停車(一部を除き浜松にも停車)。 JR東海道本線(熱海~浜松)
【新静岡】(やや離れている)
静岡鉄道静岡清水線
掛川
かけがわ
・1988年開業。 JR東海道本線(熱海~浜松)
天竜浜名湖鉄道
浜松
はままつ
・毎時1本ひかりが停車(静岡にも停車)。 JR東海道本線(熱海~浜松)
JR東海道本線(浜松~岐阜)
【新浜松】
遠州鉄道
豊橋
とよはし
愛知県 ・一部のひかりが停車(日中は新横浜までノンストップ)。
・周辺に豊橋鉄道の駅があるため、のぞみやひかりでの通過時は要注意。
JR飯田線(豊橋~天竜峡)
JR東海道本線(浜松~岐阜)
名鉄名古屋本線
【新豊橋】
豊橋鉄道渥美線
【駅前】
豊橋鉄道東田本線
三河安城
みかわあんじょう
・1988年開業。
・13~16号車の乗車位置には屋根がない。
JR東海道本線(浜松~岐阜)
名古屋
なごや
・名古屋市内駅
・東京方面からの約半数のこだまは当駅折り返し。
・約半数のひかりは当駅から新大阪方の各駅に停車する。
JR中央本線(名古屋~塩尻)
JR東海道本線(浜松~岐阜)
JR関西本線(名古屋~亀山)
西名古屋港線(あおなみ線)
名古屋市営地下鉄東山線
名古屋市営地下鉄桜通線
【名鉄名古屋】
名鉄名古屋本線
名鉄常滑線
名鉄犬山線
【近鉄名古屋】
近鉄名古屋線
岐阜羽島
ぎふはしま
岐阜県 ・名古屋寄りでは名鉄羽島線の駅も取得できる。詳細は当該路線ページへ。
・運賃は在来線岐阜駅扱い。
【新羽島】
名鉄羽島線
米原
まいばら
滋賀県 ・米原~京都間が西行の新幹線では最長。68Km。 JR北陸本線(米原~金沢)
JR東海道本線(岐阜~美濃赤坂・米原)
JR東海道本線(琵琶湖線)(米原~京都)
近江鉄道本線
京都
きょうと
京都府 ・京都市内駅 JR東海道本線(琵琶湖線)(米原~京都)
JR東海道本線(京都線)(京都~大阪)
JR湖西線
JR山陰本線(嵯峨野線)(京都~園部)
JR奈良線
近鉄京都線
京都市営地下鉄烏丸線
新大阪
しんおおさか
大阪府 新阪ルナの由来駅
・大阪市内駅
JR東海道本線(京都線)(京都~大阪)
JR福知山線(宝塚線)(新大阪~篠山口)
大阪市営地下鉄御堂筋線
山陽新幹線
山陽新幹線博多駅まで直通

こぼれ話

車内設備・サービス

現在東海道新幹線で運行されている車両はすべて16両編成で統一され、また座席配置も同じになっています(1編成あたり1323席、ちなみにグリーン車はそのうちの200席)。
N700系とN700A形式の車両には、窓際にコンセント(定格:100V、60Hz、2A)が設置されており、画面の確認や頻繁な位置登録で電池の消耗が激しい駅メモユーザではその恩恵を受けている方が多いのではないでしょうか。
窓側になる座席は普通車ではA席(3列シート)とE席(2列シート)です。グリーン車は全席あります。
電池切れに怯えなくて済むような快適な移動時間を過ごせるように、充電用のACアダプターを持っていくといいでしょう。
700系にも最前列・最後列のデッキ側にコンセントが設置されている車両があります。

N700系とN700A形式はWi-Fi(利用にはキャリア等の契約が必要)が利用できますが、Wi-Fiの位置情報に引っ張られ、意図しない位置飛びが発生するケースがあります。
Wi-Fiを利用しないのであれば、Wi-FiはオフにしてGPSのみにするなど、位置飛び警告による一時的なチェックイン制限を食らわないようご注意ください。

東海道新幹線の車両は普通車の場合、奇数号車にトイレや喫煙所が設けられている関係から、奇数号車の車両の座席数が少なくなっています。
自由席で座りたい場合、偶数号車の待機列に並んでおくと着席できる確率が高くなります。新大阪や東京駅から乗車する場合の参考にしてください。

号数が1,2桁は博多発着で指定券が集中する傾向がある。
200番台は定期の新大阪行きで、300番台が臨時列車で指定券が入手しやすい。参考サイト

お得なきっぷ等

「ぷらっとこだま」はJR東海ツアーズが発売する旅行商品で駅に集合してツアーで新幹線に乗り、目的地の駅で解散になる。
ドリンク券は乗車前に使用しておくこと(こだまは車内販売がない)。

トーキョーブックマーク(tokyo bookmark)は、首都圏以外の沿線各地から首都圏のホテルと一体した旅行商品で、地下鉄1日乗車券付きや東京ディズニーリゾート等のプランもある。

上記等の格安乗車券で旅行する場合、
お値段は募集型企画旅行で運賃・料金・宿泊費等ではなく、旅行代金になっている。利用条件が厳しいので、HP等の案内書の注意書きをきちんと目を通すように、わからなことがあれば発売窓口で質問をすること。
列車変更不可・指定列車以外は乗車不可・指定駅以外乗降不可・指定改札しか通過できない、などの条件もある。

回数券は、「ゴールデンウイーク・お盆・年末年始」は使用できない期間である。金券ショップで販売されているものは回数券のバラ売りなので使用できない期間に抵触する。

フルムーン夫婦グリーンパスは、「のぞみ」は切符自体が無効で、自由席であっても乗車できない・指定券も発券できない。年配の夫婦は特に注意。

過去の運賃

開業時(1964年)、「ひかり」の2等(現在の普通車指定席)は東京~新大阪間2,480円で当時の大卒初任給(およそ20,000円)の1/8であった。
現在「のぞみ」指定席は14,450円(通常期・消費税8%)で、開業当時は現在の貨幣価値で20,000円相当で現在よりも高価であった。
ちなみに1等(現在のグリーン車)は運賃+料金共2等の倍額以上の5,030円(現在は19,230円[通年])。当時は1等は通行税(税率20%)加算で現在の消費税よりも高額の税であった。
新幹線より前の時代の「こだま」は151系で「パーラーカー」も連結していた。当時は6,000円程(現在の貨幣価値で55,000円ほど・普通車指定席で3倍・鈍行で5,6倍の値段)で当時としては破格の値段であった。

amazonのkindleで当時の時刻表が販売しているので、当時のダイヤも運賃も再現しています。

すでに終了したイベントの対象駅




  • 最終更新:2017-05-22 20:39:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード