樽見鉄道

路線の特徴

  • 大垣~樽見間を結ぶ第三セクター路線。旧国鉄の樽見線を引き継いだ路線である。
  • 大垣駅では、改札はJRと兼用。ホームもJRと同じ。
    通常の乗車券は改札外の自動券売機でも購入できるが、お得なきっぷは6番ホーム上にある樽見鉄道の出札窓口でしか購入できない。
    JRの有人改札で樽見鉄道の切符を購入する旨を伝えれば、そのまま通してもらえる。


  • 通常は「うすずみ温泉入浴券&1日フリー乗車券」を2200円で販売しているが、2018年5月1日から1000円の「1日フリー乗車券」を6,000枚限定で販売している。
    大垣~樽見は片道で920円なので、往復だけで十分元が取れる。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
樽見鉄道 19 18 現役
  • 東大垣~十九条間は、JR東海道本線穂積~大垣間からチェックイン可能。

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
大垣
おおがき
岐阜県   JR東海道本線(岐阜~美濃赤坂・米原)
養老鉄道養老線
東大垣
ひがしおおがき
   
横屋
よこや
   
十九条
じゅうくじょう
   
美江寺
みえじ
   
北方真桑
きたがたまくわ
・駅のすぐ南に名鉄揖斐線の廃線跡が残っている。  
モレラ岐阜
もれらぎふ
・駅名通り、ショッピングモール「モレラ岐阜」の最寄駅。  
糸貫
いとぬき
   
本巣
もとす
・樽見鉄道の本社・車庫がある駅。  
織部
おりべ
・駅に隣接して「道の駅 織部の里もとす」がある。  
木知原
こちぼら
   
谷汲口
たにぐみぐち
・駅前から谷汲山華厳寺へのバスが出ている。
・2001年までは、谷汲山のすぐ近くに名鉄谷汲線の谷汲駅もあった。
 
神海
こうみ
・↑1984年までは国鉄区間。  
高科
たかしな
・↓1989年に開業した区間。  
鍋原
なべら
・電波微弱。チェックインの際は注意。  
日当
ひなた
   
高尾(岐阜)
たかお
   
水鳥
みどり
・国指定特別天然記念物「根尾谷断層」・地震断層観察館の最寄駅。  
樽見
たるみ
根尾谷淡墨ザクラの最寄駅。
・駅前よりうすずみ温泉四季彩館への無料シャトルバスが出ている。
 

  • 最終更新:2018-06-10 13:41:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード