熊本電鉄本線

路線の特徴

  • 藤崎宮前~御代志間を結ぶ路線。全線が単線となっている。
    正式には藤崎宮前~北熊本間の「藤崎線」、及び上熊本~北熊本~御代志間の「菊池線」に分かれている。
    • ゲーム内では運転系統毎に分かれている。上熊本~北熊本間は熊本電鉄上熊本線を参照。

  • 綺麗なパターンダイヤがつくられており、運行頻度は日中で30分間隔、ラッシュ時のみ15分間隔となる。

  • 全列車が普通で運行されている為、停車する度にチェックインしていけば特に問題は無い。

  • 線路に並行して路線バスが運行されている為、慢性的な赤字で廃止の危機にあったが、
    改軌・LRT化実施後に熊本中心部の路面電車への乗り入れる構想がある。また、御代志から北の廃止区間の復活も検討されている。
    • 熊本大学のとある教授による需要予測によると、路面電車へ乗り入れるとラッシュ時に乗客の積み残しが出るほど混雑するとの結果が出た事もあり、
      需要発掘の為に終電繰り下げや増便対応といった、廃止とは真逆の方針が実施される事となった。

  • 藤崎宮前~黒髪町間には併用軌道区間があり、酒屋さんと道路の間に線路が走っている。
    この併用軌道区間の脇に郵便ポストが設置されており、手紙を投函しようとポストの前に立つと、列車と接触する恐れがあるくらい絶妙な位置にある。
    余裕があれば途中下車してみると良いだろう。

  • 2017年2月22日に発生した脱線事故の影響で運休となっていた藤崎宮前~黒髪町間は、同年3月7日に運行が再開された(出典)。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
熊本電気鉄道 13 12 現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
藤崎宮前
ふじさきぐうまえ
熊本県    
黒髪町
くろかみまち
   
北熊本
きたくまもと
  熊本電鉄上熊本線
亀井
かめい
   
八景水谷
はけのみや
   
堀川
ほりかわ
   
新須屋
しんすや
   
須屋
すや
   
三ツ石
みついし
   
黒石(熊本)
くろいし
   
熊本高専前
くまもとこうせんまえ
・唯一の「高専」駅  
再春荘前
さいしゅんそうまえ
   
御代志
みよし
   

  • 最終更新:2017-07-24 23:30:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード