肥薩おれんじ鉄道

路線の特徴

  • 八代~川内間を結ぶ路線。
    元々はJR鹿児島本線の一部であったが、2004年の九州新幹線新八代~鹿児島中央間の開業に伴い、第三セクター化された。

  • 全線が交流電化されているが、旅客列車は電車よりディーゼルカーの維持費のほうが安価な為、軽快気動車により運行されている。
    なお、全線電化区間を気動車で運用するのは、他に日本海ひすいライン道南いさりび鉄道線があてはまる。
    • 貨物列車は経営移管後も引き続きJR貨物の電気機関車牽引により運行されている。
  

  • 「1日フリー乗車券」などのお得な切符が、数種類販売されている。後述

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
肥薩おれんじ鉄道 28 24 現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
一部はJR鹿児島本線新八代まで直通運転
八代
やつしろ
熊本県   JR鹿児島本線(博多~八代)
JR肥薩線(えびの高原線)(八代~吉松)
肥後高田
ひごこうだ
   
日奈久温泉
ひなぐおんせん
   
肥後二見
ひごふたみ
   
上田浦
かみたのうら
   
たのうら御立岬公園
たのうらおたちみさきこうえん
   
肥後田浦
ひごたのうら
   
海浦
うみのうら
   
佐敷
さしき
   
湯浦
ゆのうら
   
津奈木
つなぎ
   
新水俣
しんみなまた
  九州新幹線
水俣
みなまた
   

ふくろ
   
米ノ津
こめのつ
鹿児島県    
出水
いずみ
出水市ツル観察センターへは当駅からバス 九州新幹線
西出水
にしいずみ
   
高尾野
たかおの
   
野田郷
のだごう
   
折口
おりぐち
   
阿久根
あくね
   
牛ノ浜
うしのはま
   
薩摩大川
さつまおおかわ
   
西方
にしかた
   
薩摩高城
さつまたき
   
草道
くさみち
   
上川内
かみせんだい
   
川内(鹿児島)
せんだい
  JR鹿児島本線(川内~鹿児島)
九州新幹線
宮之城線(廃線)
一部はJR鹿児島本線隈之城まで直通運転

1日乗車券など

  • 1日フリー乗車券」は2880円。肥薩おれんじ鉄道の全区間が乗り放題。当路線の有人駅などで発売。
  • 青春18きっぷ」は当路線では利用できない。が、当日の押印がある青春18きっぷを肥薩おれんじ鉄道の有人駅で提示すると、「おれんじ18フリーきっぷ」を購入できる。2060円。
  • 旅名人の九州満喫きっぷ」が全区間で利用可能。肥薩おれんじ鉄道の乗車と同じ日に、JRなど他の鉄道路線にも乗りまくる場合は、この切符を使うのがおすすめ。
    但し、この切符は肥薩おれんじ鉄道の駅や車内では発売されていない。利用の際は予めJR九州の駅などで購入しておく必要がある。
  • 公式サイトの「お得なきっぷ}」のページには、他にも数種類の切符が掲載されている。

  • 最終更新:2017-08-03 00:00:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード