西武多摩湖線

路線の特徴

  • 多摩湖線は西武鉄道の路線の一つ。国分寺~西武遊園地を結ぶ。路線記号はST。
    1928年に多摩湖鉄道が多摩湖線の国分寺~萩山、小平線の萩山~本小平(現在の小平駅の前身)を開業したのが始まり。
    多摩湖鉄道は1940年に武蔵野鉄道へ合併。その武蔵野鉄道は西武鉄道(現在の西武鉄道ではない)を1945年に合併。
    西武農業鉄道となった後、昭和21年に現在の西武鉄道となった。

  • 開業してから現在も同じ駅名、同じ位置に駅があるのは青梅街道駅だけ。廃駅や駅名の改称が多い区間でもある。

  • 西武新宿線の新宿から西武拝島線の小平駅と萩山駅を経由して西武遊園地の直通運転の列車がある。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
西武鉄道 8 4 ST   現役

駅一覧

駅番号 駅名 所在 備考 接続
ST01 国分寺
こくぶんじ
東京都   JR中央本線(東京~塩尻)
西武国分寺線
廃駅 東国分寺
ひがしこくぶんじ
廃駅
1945年休止
1954年廃止
 
ST02 一橋学園
ひとつばしがくえん
   
ST03 青梅街道
おうめかいどう
  【新小平】
JR武蔵野線
ST04 萩山
はぎやま
  西武拝島線
ST05 八坂(東京)
やさか
   
ST06 武蔵大和
むさしやまと
   
ST07 西武遊園地
せいぶゆうえんち
  西武山口線

すでに終了したイベントの対象駅



駅情報

東国分寺

東国分寺駅は国分寺~一橋学園間にあった駅。
東京都国分寺市東恋ヶ窪二丁目に所在があった。
1933年4月6日開業(当時は多摩湖鉄道多摩湖線)。
1936年に駅が移設され、昭和15年に武蔵野鉄道の駅となった後、1945年2月3日に戦時の不要不急駅として休止。同年、西武農業鉄道の駅となる。
1946年に西武鉄道の駅となったが、その後も再開されることなく1954年10月10日に廃止となった。国分寺駅から0.9kmの距離しかなかった。
駅の遺構は全くないため、一見して駅があったとは思えないだろう。

チェックインする際は多摩湖線に乗車し、国分寺~一橋学園の丁度中間あたり、付近には国分寺市立第三小学校がある。
現在の本線上に位置していたので比較的アクセスはしやすいが、万全を期してレーダーの利用も考慮したい。
国分寺駅からのレーダーでのリンク情報もある。

  • 最終更新:2017-07-25 22:39:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード