西武狭山線

路線の特徴

  • 西所沢~西武球場前間を結ぶ路線。西所沢駅から西武池袋線に直通している。
    また、規格が違う為に直通はしていないが、西武球場前駅で西武山口線に接続する。

  • 昭和4年に武蔵野鉄道山口線(現在のJR武蔵野線とは別)として西所沢~村山公園が開業したのが始まり。
    戦中の武蔵野鉄道山口線時代の1944年に全線が不要不急線として休止。西武鉄道となって以降の1951年に再開。
    西武球場前駅は開業時の村山公園駅から西所沢駅側へ600m移設され、現在に至る。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
西武鉄道 3 1 SI   現役

駅一覧

駅番号 駅名 所在 備考 接続
SI18 西所沢
にしところざわ
埼玉県 ・一部列車は西武池袋線に直通する。 西武池袋線
SI40 下山口
しもやまぐち
   
SI41 西武球場前
せいぶきゅうじょうまえ
・埼玉西武ライオンズの本拠地、西武ドーム(現:メットライフドーム)の最寄駅。 西武山口線

こぼれ話

西武球場前駅

1929年 武蔵野鉄道山口線村山公園駅として開業。
1933年 村山貯水池際駅に改称するも、防諜のため1941年に村山駅に改称。
1944年 戦時の不要不急線指定を受けて武蔵野鉄道山口線が休止したことに伴い休止。
1945年 現在の西武鉄道が成立したことで、西武鉄道山口線(初代)の駅になるが休止は継続。
1951年 西所沢方に300m移設して狭山湖駅と改称。このときに路線名も西武鉄道狭山線に。
1978年 西所沢方に更に300m移設、現在地。
1979年 西武園球場を改修した西武ライオンズ球場(現在の西武プリンスドーム)の開業で西武球場前駅に改称。
西武球場前駅は移設と名前の改称を繰り返した駅で、現在は埼玉西武ライオンズの本拠地、西武プリンスドームの最寄駅となっていて、野球公式試合やイベント開催日は非常に混雑する。
狭山スキー場や多摩湖(村山貯水池)、狭山湖(山口貯水池)が近いため、自然を感じることができる。

  • 最終更新:2017-08-03 20:34:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード