路線案内:新幹線

路線一覧


秋田新幹線としての登録は駅メモにはないため、JR田沢湖線(盛岡~大曲)、JR奥羽本線(大曲~秋田)を参照。
山形新幹線としての登録は駅メモにはないため、JR山形線(福島~新庄)を参照。

このほか、新幹線車両に乗れる在来線としてJR博多南線がある。

運行形態

新幹線名としては東海道、山陽、九州、東北、上越、北陸、秋田、山形、北海道の9つがある。
JR東日本管轄の東北、上越、北陸、秋田、山形は東京を基点として、行き先ごとに路線名を名乗る新幹線が走る。
そのため、案内上の「北陸新幹線」と路線登録上の「北陸新幹線」のように区間が異なることがある。

次の区間では、駅メモ上では重複している。

次の路線は直通運転を行っている。

こぼれ話

携帯通信エリアは増えているものの、新幹線区間ではトンネルが多いこともあって通信ができないエリア(特にトンネル区間)がまだまだある。
全トンネル内で携帯電話エリア対応済みなのは東海道新幹線と山陽新幹線のみで、他は一部トンネルのみ対応済みとなる。
ただし、トンネル内で通信ができても、GPSの位置更新までは正しく行えないことがあるので、位置飛びによるチェックイン警告に引っかからないように注意は必要である。

新幹線の駅はアクセス(チェックイン)が厳しい駅(豊橋駅・富山駅などのアクセス場所がシビアな駅、新神戸駅・新岩国駅などの山の中にある駅、博多駅・上野駅・北日本の各駅の全面屋根のGPSが拾いにくい駅)がある。レーダーやルートビューンを使用するのも1つの手ではある。

ルートビューンは取りこぼし対策には有効であるが、直通運転する路線間では、路線の境界で分断され、レーダーやオモイダースでも取り戻しができなくなる。
例:「かがやき」に乗って長野停車中にチェックインして、大宮でチェックインしても、高崎駅で分断されるため、その間の駅が取れない(エキカンアクセスができない)。
移動速度が速いこともあり、新幹線で遠征する場合は特に、路線の境界を意識してアクセスするように努めよう。

新幹線列車が走る路線(法規上は在来線の博多南線ガーラ湯沢支線を含む)では、「青春18きっぷ」は使用できないが、
北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内間に限り、別売のオプション券を購入して立席乗車が可能。

新幹線のネット予約は、えきねっとモバイルSuica特急券(要対応端末・クレジットカード)、EX予約(専用クレジットカードで要審査)、スマートEX(要クレジットカード・交通系10種IC)、e5489JR九州予約サービスがあるが、受取や対象列車・区間等が限定され、窓口購入と条件や値段が異なる場合があります。
特に遠征中は受取ができないケースが多い。ホームページできちんと確認しておくこと。
例:えきねっとはJR東海・四国・九州は不可、EX予約はJR東日本・JR九州では不可等。
EX-ICやEXきっぷ、スマートEX、モバイルSuica特急券は、新幹線区間の運賃と料金が一体で新幹線駅で打ち切り計算で、在来線乗継割引(特定駅に限り)はEX予約・モバイルSuica特急券・スマートEXは適用されない。紙(磁気券)の切符なら組み合わせる乗車券の制限はない。旅程によっては、窓口で購入した場合が良い時がある。
全新幹線の空席照会は、サイバーステーションで照会可能。
乗換案内など各種検索のサイトは通常の窓口で購入した場合のお値段で検索する。

新幹線の特急料金は、通常の窓口購入の場合、「通常期」・「閑散期」・「繁忙期」の3シーズン料金である。
通常期は通常価格だが閑散期は割引、繁忙期(小中高の長期休み、大型連休)は割増となる。
ただし、自由席・グリーン車・グランクラスは年間同額(通常価格)となる。
JR東日本HP、JR西日本HPに割引・割増日等の条件が記述されている。

東海道・山陽新幹線の回数券は「超繁忙期(4月27日~5月6日[ゴールデンウイーク]、8月11日~20日[お盆]、12月28日~翌年1月6日[年末年始])」は使用できない。
フルムーン夫婦グリーンパスは「のぞみ」「みずほ」には一切使用できず、指定券も発券しない。また、東海道・山陽新幹線の半数以上が「のぞみ・みずほ」なのでフルムーン泣かせである。

「はやぶさ」・「こまち」・「かがやき」は全車指定席で、
「特定特急券」は「はやぶさ・こまち」の盛岡以北相互間で座席未指定の空席利用ができる特急券である。
「立席特急券」は全席指定の列車が満席の場合に発売され、号車指定のデッキでの乗車で一切着席ができない切符が発売されます。(この券が発売されるケースはまれで、これでも数十枚発売される)。

  • 最終更新:2018-02-07 18:55:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード