近鉄名古屋線

路線の特徴

  • 近鉄名古屋~伊勢中川間を結ぶ路線。総延長は78.8km。

  • 地下区間は近鉄名古屋~米野間のみ。

  • 特急は名古屋・桑名・四日市・白子・津・伊勢中川に停車する乙特急が毎時3本、線内では名古屋・津のみに停車し大阪方面へ向かう甲特急が毎時1本走る。
    • ほかにも伊勢方面への観光特急「しまかぜ」が1日1往復(水曜運休)があり、土休日には1往復のみ伊勢方面への甲特急がある。

  • 毎時3本走る急行はほとんどが近鉄山田線へと直通。
    うち1本は近鉄大阪線急行快速急行と伊勢中川駅で接続している。
    • 2018年3月のダイヤ変更において新たに南が丘・桃園が停車駅に加わり、江戸橋~伊勢中川間は各駅に停車するようになった。
      これにより日中の普通は津新町での折り返しとなり、津新町~伊勢中川間での運行がなくなった。

  • 準急は名古屋~四日市間に日中1時間に2本あり、停車駅は名古屋と蟹江~四日市の各駅。
    富吉~四日市間の普通の補完ともいえるが、終点まで後発の急行に抜かされないものが多い。
    • かつてはこのうちの1本が急行として運行されていたが、現在は近鉄四日市9時台発・近鉄名古屋15時台発の1往復が残るのみとなっている。


駅メモ路線情報

  • 近鉄名古屋~近鉄弥富:愛知県に所在。
  • 近鉄長島~伊勢中川:三重県に所在。
運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
近畿日本鉄道 44 38 E   現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
E01 近鉄名古屋
きんてつなごや
愛知県 全種別停車駅
地下駅
・近鉄パッセや地上改札では名鉄名古屋駅を拾う。
・特急ホームや地下改札、JR広小路口付近が取得しやすい。
・東海道新幹線ホームの東京側もチェックインの範囲になることがある
【名古屋】
JR東海道本線(浜松~岐阜)
JR中央本線(名古屋~塩尻)
JR関西本線(名古屋~亀山)
名古屋市営地下鉄東山線
名古屋市営地下鉄桜通線
東海道新幹線
西名古屋港線(あおなみ線)
【名鉄名古屋】
名鉄名古屋本線
名鉄常滑線
名鉄犬山線
E02 米野
こめの
・ささしま米野歩道橋(2011年完成)経由であおなみ線ささしまライブ駅に徒歩連絡が可能。 【ささしまライブ】
西名古屋港線(あおなみ線)
E03 黄金(愛知)
こがね
   
E04 烏森
かすもり
   
E05 近鉄八田
きんてつはった
  【八田】
JR関西本線(名古屋~亀山)
名古屋市営地下鉄東山線
E06 伏屋
ふしや
   
E07 戸田(愛知)
とだ
   
E08 近鉄蟹江
きんてつかにえ
急行準急停車駅
準急は当駅より近鉄四日市方の各駅に停車する。
JR関西本線(名古屋~亀山)蟹江駅からはかなり離れている。
 
E09 富吉
とみよし
普通準急の一部列車は当駅発着となる。  
E10 佐古木
さこぎ
   
E11 近鉄弥富
きんてつやとみ
急行停車駅 【弥富】
JR関西本線(名古屋~亀山)
名鉄尾西線
E12 近鉄長島
きんてつながしま
三重県 ・時期(なばなの里でイベント等)によっては一部の急行が停車。
・名古屋寄りではJR関西本線長島駅と判定されてしまう。
【長島】
JR関西本線(名古屋~亀山)
E13 桑名
くわな
乙特急停車駅
・JR、養老鉄道と駅を共用。養老鉄道のみ中間改札がある。
・当駅南寄りにナローゲージ(三岐)、狭軌(JR)、標準軌(近鉄)の3つを跨げる踏切がある。
・なばなの里へのバスがある。 (*1)
JR関西本線(名古屋~亀山)
養老鉄道養老線
【西桑名】
三岐鉄道北勢線
E14 益生
ますお
・ジャズドリーム長島からチェックイン可能。 (*2) 【馬道】(約300m)
三岐鉄道北勢線
E15 伊勢朝日
いせあさひ
   
E16 川越富洲原
かわごえとみすはら
   
E17 近鉄富田
きんてつとみだ
急行停車駅
・駅北(三岐線と別れるあたり)に40Km/hの速度制限。
・JRと交差地点はJR富田駅と判定される。
・三岐鉄道と駅を共用している。(三岐線はICは不可)
三岐鉄道三岐線
【富田】(200m)
JR関西本線(名古屋~亀山)
E18 霞ヶ浦
かすみがうら
   
E19 阿倉川
あくらがわ
   
E20 川原町
かわらまち
・2016年5月7日より副駅名が「萬古焼の郷」となった。  
E21 近鉄四日市
(あすなろう四日市)
きんてつよっかいち
(あすなろうよっかいち)
しまかぜ乙特急停車駅(甲特急は通過)
準急は津方面の普通として引き続き運転されることが多い。
近鉄湯の山線K21
四日市あすなろう鉄道内部線(近鉄内部線)
・(近鉄八王子線)
E22 新正
しんしょう
   
E23 海山道
みやまど
・難読駅。  
E24 塩浜
しおはま
急行停車駅
・JR貨物の塩浜駅と隣接している。
・毎年秋ごろに検車区のお祭りがある。
 
E25 北楠
きたくす
   
E26
くす
   
E27 長太ノ浦
なごのうら
・難読駅。  
E28 箕田
みだ
   
E29 伊勢若松
いせわかまつ
急行停車駅 近鉄鈴鹿線L29
E30 千代崎
ちよざき
   
E31 白子
しろこ
乙特急停車駅
・鈴鹿サーキットへは当駅からバス利用が可能。
 
E32 鼓ヶ浦
つづみがうら
   
E33 磯山
いそやま
   
E34 千里(三重)
ちさと
   
E35 豊津上野
とよつうえの
   
E36 白塚
しらつか
・一部の普通は当駅止まり。  
E37 高田本山
たかだほんざん
・駅名の由来は高田本山 専修寺であるが、当境内はJR紀勢本線の一身田駅と判定される。  
E38 江戸橋
えどばし
急行停車駅
・副駅名は「三重大学前」であり、同大学の最寄駅。
 
E39
甲特急乙特急停車駅(しまかぜは通過)
・JR、伊勢鉄道と駅を共用しており、改札無しで乗り換えできる。 (*3)
JR紀勢本線
伊勢鉄道
E40 津新町
つしんまち
急行停車駅
・四日市方面からの一部列車は当駅折り返し。
 
E41 南が丘
みなみがおか
急行停車駅  
E42 久居
ひさい
急行停車駅(一部の乙特急も停車)  
E43 桃園
ももぞの
急行停車駅  
E61 伊勢中川
いせなかがわ
乙特急停車駅
・名阪特急は短絡線を通るため、当駅を経由しない。
・当駅の駅番号の数値は、近鉄京都線京都駅を起点とした通し番号(京都駅から61駅目)。
 そのため、E44-60は欠番となっていて、賢島終点で付番。
近鉄大阪線D61
近鉄山田線M61
特急近鉄大阪線を経由し近鉄難波線大阪難波A01近鉄山田線を経由し近鉄志摩線賢島M93まで直通運転
急行近鉄山田線を経由し近鉄鳥羽線五十鈴川M75まで(一部は同線の鳥羽M78まで)直通運転

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2018-06-18 16:43:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード