道南いさりび鉄道線

路線の特徴

  • 木古内~五稜郭間を結ぶ第三セクター路線。津軽海峡を眺めながら海沿いを走行する。
    北海道ちほく高原鉄道(ふるさと銀河線)が廃止されてから無くなっていた北海道の私鉄線。

  • 北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が開業したことでJR北海道から並行在来線として切り離された、
    JR江差線の木古内~五稜郭間をそっくり移管し、2016年3月26日に開業。
    全ての列車がJR函館本線函館駅まで直通するが、江差線とは異なり、函館駅は登録されていない。

  • 全線電化しているが、江差線時代に引き続き、JR北海道から譲り受けたキハ40形で旅客営業している。
    • 江差線時代は、函館運輸所に普通列車用の電車が配置されてなかったのと、非電化区間の木古内以西まで直通した為。
      道南いさりび鉄道移管後は、北海道新幹線開通により、木古内駅の五稜郭寄りにデッドセクション(新幹線用25kV→在来線用20kV)ができ、
      在来線用の電車では直通不能となった為。
    • なお、全線電化区間を気動車で運用する例としては他に、肥薩おれんじ鉄道日本海ひすいラインが該当する。

  • 地域情報発信列車の「ながまれ号」(キハ40形改造車)がある。
    • 因みに「ながまれ」とは、北海道の道南地域の方言で「ゆっくりして」「のんびりして」という意味の言葉。

  • JR江差線時代には青函トンネル方面へ抜ける列車もあったが、定期旅客列車として木古内から青森方面を結ぶ在来線の直通列車はなくなった。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
道南いさりび鉄道 12 0* sh   現役
*移管前のJR江差線を除けば10駅。

全線がJR江差線の一部と重複するのでコンプリートがしやすい・・・と思いきや、北海道新幹線開通により、この区間を走る特急・急行が廃止されたうえ、
北海道新幹線乗車中の奪取は、距離が離れている駅が多いうえ、新幹線の大部分がトンネル区間な為、ごく一部を除き困難。

以上の通り、かつては可能だった優等列車に乗車しながらコンプリートするという方法が困難であることに注意しよう。

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
sh01 木古内
きこない
北海道 木古内さいかの由来駅 北海道新幹線
JR海峡線
JR江差線
sh02 札苅
さつかり
  JR江差線
sh03 泉沢
いずみさわ
 
sh04 釜谷
かまや
 
sh05 渡島当別
おしまとうべつ
 
sh06 茂辺地
もへじ
 
sh07 上磯
かみいそ
・函館発の列車の約半数は当駅発着となる。木古内まで乗り通しを考えている場合は要注意。
sh08 清川口
きよかわぐち
 
sh09 久根別
くねべつ
 
sh10 東久根別
ひがしくねべつ
 
sh11 七重浜
ななえはま
 
H74 五稜郭
ごりょうかく
いおりスキル対象駅。 JR江差線
JR函館本線(函館~長万部)
JR函館本線函館まで直通運転

こぼれ話

青春18きっぷで「通過」できる

道南いさりび鉄道線は、JR北海道の別の在来線で迂回できないために、特例措置として青春18きっぷでこの区間を通過できることにしています。
条件は以下の通り。要は、北海道新幹線オプション券(+2,300円、参考)に付いた特例です。(青春18きっぷだけではダメ)
  • 北海道新幹線オプション券で奥津軽いまべつ~木古内を乗車する
  • 北海道新幹線と道南いさりび鉄道には、同じ日に乗車する(奥津軽いまべつ~木古内~五稜郭を、1日で移動する)
  • 道南いさりび鉄道線区間で途中下車しない
    • ただし、両端の木古内と五稜郭では途中下車可能ですので、木古内から江差線廃線区間の旅をすることも一応可能です。

ただし、五稜郭→木古内→五稜郭のような折り返しはできない(オプション券は1枚につき片道1回のみ利用可能)うえ、
木古内駅での新幹線との接続が、ほぼ考慮されてないと言っていい状況です。(青森側の奥津軽いまべつ-JR津軽線津軽二股も同様です)
青春18きっぷの旅行で津軽海峡を渡るときは、以上をよく理解しておくのが必要です。

  • 最終更新:2017-07-15 10:59:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード