鉄道院中央本線

路線の特徴

  • 鉄道院中央本線は現在のJR中央本線に該当する路線。運営は国の一機関で鉄道省や国鉄の前身である鉄道院が行っていた。

  • 鉄道院中央本線の始まりは1889年の甲武鉄道の新宿~立川間の開業。甲武鉄道は1906年に国有化されるまでに御茶ノ水~八王子間を開業させている。
    八王子以北は官設鉄道が1901年に八王子~上野原間を開業。1906年までに八王子~篠ノ井間を開業させている。
    甲武鉄道が国有化(この時点での管理は逓信省外局の鉄道作業局、1907年からは帝国鉄道庁)され、鉄道院(1908年~)が管理。
    1909年の国有鉄道路線名制定で昌平橋~塩尻~篠ノ井が中央東線と命名。同年の塩尻~奈良井開業に伴い、中央東線は昌平橋~奈良井、塩尻~篠ノ井は中央東線支線に。
    1911年には宮ノ越~木曽福島間が開業。既に中央西線として開業していた木曽福島~名古屋間を含め、昌平橋~塩尻~名古屋が中央本線、塩尻~篠ノ井が篠ノ井線となった。
    鉄道院時代の1919年3月1日に東京~万世橋間が開業して、東京~塩尻~名古屋が全通している。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
鉄道院 1 1 廃止(現・JR中央本線(東京~塩尻)

駅メモの鉄道院中央本線は昌平橋駅のみ登録されている。この区間で鉄道院時代に廃止された駅(仮乗降場は除く)は昌平橋駅だけ。

駅一覧

駅名
えきめい
駅間 駅情報 所在
昌平橋
しょうへいばし
JR中央本線(東京~塩尻)
神田~御茶ノ水
1912年廃止 東京都

すでに終了したイベントの対象駅


駅情報

昌平橋駅

昌平橋駅はJR中央本線(東京~塩尻)の神田~御茶ノ水間にあった鉄道院の駅。
1908年に仮駅として開業。(鉄道院中央東線)
1911年の中央本線開業で中央本線の始発駅となったが、1912年に万世橋駅が開業したことで廃止された。
現在は駅としての設備は残っていない。

位置は中央本線の神田~御茶ノ水間で、御茶ノ水方から総武本線と中央本線が分岐した中央本線側まもなくの位置になる。
駅のあった高架下にはアーチ型の入り口をしたお店が4軒ほどある。レンガ造りの4連アーチ上に駅があった。
このアーチ高架は中央本線が今も使用している。鉄道の歴史的建造物である。
近くのランドマークは神田郵便局と駅名の由来となった昌平橋。
外堀通りの神田郵便局前交差点または昌平橋交差点がわかりやすいポイントになる。

  • 最終更新:2017-10-05 01:28:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード