錦川鉄道錦川清流線

路線の特徴

  • 川西~錦町間を結ぶ第三セクター路線。1987年にJR西日本の岩日線(がんにちせん)を引き継いで開業。
    • かつては複数の市町村に跨っていたが、その後の合併により、現在では全区間が岩国市内に収まっている。
    • 現地では「清流線」と呼ぶのが一般的。「錦川鉄道」と言っても通じないことはないが、あまり使われない。

  • 川西駅からの登録だが、全ての列車がJR山陽本線岩国駅まで乗り入れている。
    岩国駅0番ホームから発車し、JR岩徳線西岩国駅を経て、川西駅から分岐して錦町駅へと向かう。
    岩国駅での発車ホームは、岩徳線行きの列車のホーム(1番線)とは異なるので注意。

  • 錦川清流線1日フリーきっぷ」(価格:2,000円)があり、川西~錦町間が1日乗り放題。車内および錦町駅で購入可能。
    錦町駅の窓口でフリーきっぷを見せると、記念品(ポストカード4枚と記念乗車証1枚)を貰うことができる。
    • 川西~錦町間の片道運賃は960円(往復1920円)なので、単に往復するだけなら通常運賃のほうが80円安いが、1回でも途中駅で下車すれば元は取れる。
      また、錦町駅で貰える記念品は、明らかに80円では買えない内容のものである。
      途中下車せずに往復するだけであっても、1日フリーきっぷを買うほうが良い。

  • 線内の全列車がワンマン運転を行っており、且つ整理券方式を採用している。ICカード(ICOCA等)は使用できない。

  • チェックインはなるべく駅近辺でするのがお勧め。
    駅間は携帯圏外の場所も多く、駅境界を越えてすぐにチェックインすると通信エラーのリロード待ちにイライラさせられることも。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
錦川鉄道 12 11 現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
川西(山口)
かわにし
山口県 ・当駅の券売機で購入できるのはJRの切符のみ。
・当路線に乗車する場合は切符を買わず、乗車時に車内で整理券を取って、降車時に現金で支払う方式となる。
錦帯橋の最寄駅。(地図
JR岩徳線
清流新岩国
せいりゅうしんいわくに
・旧「御庄(みしょう)」。2013年に改称。
山陽新幹線新岩国駅へは徒歩7分、300m。
【新岩国】
山陽新幹線
守内かさ神
しゅうちかさがみ
・1993年に開業。当路線では最も新しい駅である。  
南河内
みなみごうち
   
行波
ゆかば
   
北河内(山口)
きたごうち
・線内唯一の交換可能駅。  
椋野
むくの
   
南桑
なぐわ
   
根笠
ねがさ
・現地および公式サイトでは「ねさ」と表記。
地底王国・美川ムーバレーの最寄駅。
 
河山
かわやま
   
柳瀬
やなぜ
   
錦町
にしきちょう
とことこトレイン乗り換え。
・折り返しの時間が長く暇な場合は、錦川沿いを散歩するのがおすすめ(地図)。階段から河原に降りることもできる。
 

レーダー取得情報

川西方面から椋野駅まで来ると、錦町駅までの全ての駅がレーダーでアクセス可能になる(検知数9駅必要)。交通費を節約したいなら、椋野駅で降りてレーダーを5連射した後、川西方面へ引き返しても良い。
但し、当路線は単線であり、椋野駅~錦町駅間に交換可能駅(列車どうしの行き違いが可能な駅)は存在しない。よって、川西方面に引き返す場合は、椋野駅と錦町駅のどちらで降りても、時間的には変わらない。椋野駅から新岩国駅や川西駅方面へ直接戻れるような路線バスも存在しない。
前述の1日フリーきっぷを買い、川沿いのゆったりとした景色を堪能しながら、レーダーは使わずに錦町駅まで実乗するほうが、おすすめである。

とことこトレイン

もともと、国鉄岩日線(現・錦川鉄道)は、岩国から島根県の日原駅(JR山口線)までを結ぶ予定だったが、半分以上完成したところで建設は中止。残った路盤を有効利用するため、錦町駅から雙津峡温泉(そうづきょうおんせん)まで遊覧トロッコ車両が走っている。
片道40分で、3月後半から11月終わりまで運行されている。チケットは錦町駅を出てすぐ右手にある建物「清流線トラベルサービス」で購入する。駅の出札窓口では売っていない。運転日に注意。詳細は公式サイトを参照のこと。
雙津峡温泉へは路線バスも運行されている(詳細)。バスに乗れば、未成線の高架などを外側から眺めることもできるので、とことこトレインとバスを片道ずつ利用するのも面白い。

路線バス情報

終点の錦町駅から路線バスを乗り継ぎ、JR山口線日原駅・青原駅、JR山陰本線益田駅などへ抜けることができる。かつて岩日線が繋ごうとしていた経路である。
時刻などの詳細は、以下の各サイトを参照のこと。
  • 錦町駅~六日市駅(むいかいちえき):岩国市生活交通バス(錦地域)
    • 「六日市線」の項を参照。
  • 六日市駅~日原駅:吉賀町:バス運行時刻表・バス路線図
    • 「広域線【ゆらら⇔六日市駅⇔日原駅】」の項を参照。このバスの運行会社は「六日市交通」である。
  • 六日市~青原駅・益田駅前:石見交通株式会社
    • 「益田~日原・六日市~広島(広益線)」の項を参照。
      「青原駅」のバス停は駅前ではなく、目の前を流れる川を橋で渡った対岸にある(地図)。
      このバスの「日原診療所前」バス停から、日原駅まで歩くこともできる(地図)。
※岩国市および吉賀町のバス停「六日市駅」と、石見交通のバス停「六日市」は、同一の場所である(地図)。

行程例

2017年1月現在。曜日により運休する便もあるので注意。

展開して表示



  • 最終更新:2017-08-28 08:01:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード