阪神なんば線

路線の特徴

  • 大阪難波~尼崎間を結ぶ路線。
  • 以前は尼崎から西九条、更に昔に遡ると伝法までの支線であり、それぞれ「阪神西大阪線」「阪神伝法線」という名称だった。
    2009年3月20日に西九条~大阪難波間が開業し、路線名も現在のものとなる。

  • 路線内を走る車両種別には、普通・区間準急準急快速急行があるが、快速急行以外は各駅に停車する。

  • 阪神電鉄と近鉄の相互直通運転が実施されており、双方の車両が運行されている。
    近鉄の列車に関しては、開通前と同じく大阪難波止まりも存在するが、尼崎まで運転されるものも多い。
    快速急行の多くは、同路線を経由して阪神の神戸三宮から近鉄の近鉄奈良までを結んでいる。

駅メモ路線情報

  • 大阪難波~出来島:大阪府に所在。
  • 大物~尼崎:兵庫県に所在。
運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 現/廃区分
阪神電気鉄道 11 5 HS 現役

駅一覧

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
近鉄難波線経由近鉄奈良線東花園、瓢箪山、東生駒、大和西大寺、近鉄奈良まで直通運転
HS41 大阪難波
おおさかなんば
大阪府 地下駅
快速急行停車駅。
・改札、ホームは全て近鉄と共用。
・近隣エリアの詳細は、近鉄難波線のページも参照。
近鉄難波線(相互直通運転)
【なんば】
OsakaMetro御堂筋線
OsakaMetro四つ橋線
OsakaMetro千日前線
【難波】
南海本線
南海高野線(りんかんサンライン)
【JR難波】
JR関西本線(大和路線)(加茂~JR難波)
HS42 桜川(大阪)
さくらがわ
地下駅
快速急行停車駅
・当駅で近鉄線との乗務員交代を行う。(ATSや指令系統も当駅から東が近鉄、西が阪神)
・当駅までの回送列車も多数あり、しまかぜ・アーバンライナー等も見ることができる。
OsakaMetro千日前線
【汐見橋】
南海汐見橋線
HS43 ドーム前
どーむまえ
地下駅
快速急行停車駅
・京セラドーム大阪の最寄駅の一つ。
【ドーム前千代崎】
OsakaMetro長堀鶴見緑地線
HS44 九条(大阪)
くじょう
地下駅
快速急行停車駅
OsakaMetro中央線
HS45 西九条
にしくじょう
快速急行停車駅 JR大阪環状線
JR桜島線(ゆめ咲線)
HS46 千鳥橋
ちどりばし
   
HS47 伝法
でんぽう
   
HS48
ふく
   
HS49 出来島
できじま
   
HS08 大物
だいもつ
兵庫県   阪神本線
HS09 尼崎(阪神電気鉄道)
あまがさき
快速急行停車駅
・JR線(東海道本線/福知山線/東西線)の駅とは約2.5km離れている。
快速急行のみ、阪神本線神戸三宮まで直通運転


攻略

  • 尼崎~西九条間は地上駅なので、優等列車に乗る場合に注意する以外、特に難しくはない。

  • 九条~大阪難波間(+直通の近鉄日本橋・大阪上本町)は地下駅なので、電車に乗りながらでのアクセスは難しい。
    なお、ドーム前駅はJR大阪環状線(弁天町~大正間)でレーダーを使わずにチェックイン可能。
    (同区間で九条駅もチェックイン可能であるが、ややシビアなタイミングを要求する。)
    • 桜川、大阪難波の2駅は、レーダーを使わないならば徒歩移動でのチェックインを推奨。
      • 桜川の座標位置はOsakaMetro桜川駅付近にあるため、阪神ホームで正しい位置情報を拾っても隣接する南海汐見橋駅にチェックインしてしまう。
        大阪難波は改札口付近など位置情報を拾いやすい位置に移動すればチェックインの成功率が上がる。
    • また、大阪難波・ドーム前以外の各駅はOsakaMetro等の他線と同一駅扱いであるので、無理にチェックインを狙わず、他線乗車時に取ってしまうのも良い。
      この2駅についても、「駅一覧」掲載の通り他線から徒歩連絡が可能。
    • もちろん、西九条~大阪難波でルートビューンを使ってもよい。

  • 最終更新:2018-06-10 17:57:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード