鹿島臨海鉄道鹿島臨港線

路線の特徴

  • 鹿島臨港線は鹿島臨海鉄道の路線で、貨物路線として現役。起点は鹿島サッカースタジアム駅、終点は奥野谷浜駅である。
    旅客営業は1983年に終了していて、その時点で旅客駅も廃止されている。

  • 旅客営業を行ったのは、鹿島港から成田空港への燃料輸送に鹿島臨港線を用いるため、地元への見返りとしての要素が強かったとされている。
    旅客営業時は鹿島神宮~北鹿島(鹿島サッカースタジアム)~鹿島港南で営業していた。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
鹿島臨海鉄道 2 2 廃止

現役路線の駅が登録されていない路線なので取り逃しに注意。
現在のところ沿線を並走するバスはないが、東京駅と鹿島神宮駅を結ぶ高速バスかしま号に乗車すると、鹿島セントラルホテル~新日鉄住金を走行中に居切駅をレーダー無しで取得可能。
鹿島港南駅についてはレーダー無しでは取れないので、鹿島セントラルホテル周辺を走行中にレーダーで取る必要がある。
鉄道の場合は、両駅ともJR成田線小見川~笹川~下総橘からレーダー使用となる(乗車したまま、直接チェックインする事は不可能)。

駅一覧

旅客営業を行っていた駅で、貨物駅としては鹿島港南より先に知手駅、奥野谷駅がある。
灰色になっている駅は駅メモには登録のない駅で、参考のため記載している。

駅名
えきめい
所在 備考 接続
国鉄鹿島線鹿島神宮方面直通
北鹿島
きたかしま
茨城県 現在は鹿島サッカースタジアム駅 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線
居切
いぎり
   
神栖
かみす
   
鹿島港南
かしまこうなん
   

現在も貨物輸送を行っているので鉄路を追う事は容易。

駅情報

  • 居切駅
    • 1970年に貨物駅として開業されたが廃止まで貨物扱い実績ゼロという記録を持っている。
    • 1978年に旅客も扱うようになったが、同年に利用者皆無で貨物営業ごと廃止されている。
    • 茨城県道239号沿い、茨城県鹿嶋市泉川付近になる。
    • 駅の遺構は確認することが難しく、また現役貨物線の線路上にある。
    • 鹿島神宮(神社のほう)からもレーダーで狙える情報あり。
    • 東京駅と鹿島神宮駅を結ぶ高速バスかしま号の鹿島セントラルホテル~新日鉄住金間走行中にレーダー無しでチェックイン可能。
    • JR成田線笹川駅や、小見川~笹川間からレーダーで取得可能。

  • 鹿島港南駅
    • 1978年に開業、1983年に廃止された。
    • 営業当時は周囲に何もなかった上、折り返し列車は3~4時間待ちであった。
    • 茨城県道240号の南公共埠頭入口交差点付近にあった。国道124号の知手交差点が近くにある。
    • JR成田線からレーダーアクセスの情報あり。区間的には笹川~下総橋あたり。
    • 高速バスかしま号なら鹿島セントラルホテル周辺でレーダーでアクセス可能。

  • 最終更新:2017-07-25 23:24:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード