黒部峡谷鉄道

路線の特徴

  • 宇奈月~欅平間を結ぶ路線。線内ではトロッコ列車が運行されている。
    四日市あすなろう鉄道内部線八王子線三岐鉄道北勢線と並ぶ、現役で残っている数少ない特殊狭軌路線(ナローゲージ)の一つ。

  • もともとは黒部ダムへの資材輸送のために建設された路線。
    周りに景勝地が多く乗せてくれという要望が多かったため、生命の安全を保障しない条件で乗せたのが旅客営業の始まり。
    現在は、トロッコから身を乗り出さない限りは安全が確保されているので、安心して乗ってほしい。

  • 例年、4月中旬に一部区間、5月の連休明けに全線運転開始、11月末まで運行する。
    正式な運行予定は、3月下旬に確定し公式ホームページで発表。
    雪が多く降るため冬には運休し、一部の鉄橋は分解してトンネルにしまう。
    車両数も中小民鉄の中で一番となっている。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
黒部峡谷鉄道 4 4 現役

  • 宇奈月駅と欅平駅の周辺を除き、携帯電話はまともに使用できなかったが、現在は鐘釣駅周辺でも主要キャリアは通信可能な模様。
    ただし、位置飛びする可能性があるため、欅平駅周辺でレーダー取得(全駅取得可能)やルートビューンの使用を考えた方が確実。

駅一覧

  • 地の色が灰色の駅は駅メモでは登録されていない駅。一般旅客の乗降はできない。
駅名
えきめい
所在 備考 接続
宇奈月
うなづき
富山県   【宇奈月温泉】
富山地鉄本線
柳橋
やなぎばし
   
森石
もりいし
   
黒薙
くろなぎ
・宇奈月駅(宇奈月温泉街)、欅平駅からレーダー取得可能
・携帯エリアマップによれば、ソフトバンク(3G)のみ通信可能な模様(現地未確認)
 
笹平
ささだいら
・長時間停車の場合のみ、トイレに降りることができる  
出平
だしだいら
   
猫又
ねこまた
   
鐘釣
かねつり
・欅平駅からレーダー取得可能  
小屋平
こやだいら
   
欅平
けやきだいら
・黒部ダムから取得可能  
欅平より先にも線路は続いており、トロッコ、エレベーターや専用バスなどを乗りついで、立山黒部アルペンルート(駅メモ登録なし)の黒部ダム駅まで行けるようになっており、「黒部ルート」と呼ばれている。
黒部ルートは一般開放されておらず、関西電力主催の「黒部ルート見学会」に当選すれば見学できる。
(例年6月~11月)

  • 最終更新:2017-09-16 18:40:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード