JR七尾線

路線の特徴

  • 津幡~和倉温泉間を結ぶ路線。

  • 2015年3月14日の北陸新幹線の開業に伴い、
    金沢~津幡間はIRいしかわ鉄道線となった為、JRの他路線と接続しない飛び地路線となった。
    • 但し、全列車が金沢まで直通運転する形となる。

  • 津幡~中津幡間に交直デッドセクションがあり、一時的に車内の照明が消える箇所がある。

  • 普通列車は原則、金沢~七尾間の運行となる。(一部列車は金沢~高松間の部分運転となる。)
    従って、普通列車だけでの路線コンプはは出来ないが、ここまで来たらのと鉄道七尾線に乗ってもう1路線制覇すべき。
    そう簡単に来れる場所じゃないし、全線乗っても片道40分程度だし。

  • 特急(サンダーバード、能登かがり火、花嫁のれん)のみ、和倉温泉駅まで直通運転する。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
JR西日本 20 17 あかね色 現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
IRいしかわ鉄道線金沢まで直通運転
津幡
つばた
石川県 ・一部の特急が停車 IRいしかわ鉄道線(高岡・富山方面)
中津幡
なかつばた
   
本津幡
ほんつばた
   
能瀬
のせ
   
宇野気
うのけ
・一部の特急が停車  
横山(石川)
よこやま
   
高松(石川)
たかまつ
・一部の特急が停車  
免田
めんでん
   
宝達
ほうだつ
   
敷浪
しきなみ
   
南羽咋
みなみはくい
   
羽咋
はくい
特急停車駅  
千路
ちじ
   
金丸
かねまる
   
能登部
のとべ
   
良川
よしかわ
・一部の特急が停車  
能登二宮
のとにのみや
   
徳田(石川)
とくだ
   
七尾
ななお
特急停車駅、普通列車起終着駅
のと鉄道七尾線への乗換えは、一旦改札を出る必要がある。
のと鉄道七尾線
和倉温泉
わくらおんせん
特急起終着駅
・2015年現在、JR西日本管轄で最北端の駅。
のと鉄道七尾線

  • 最終更新:2017-03-20 18:06:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード