JR上野東京ライン

路線の特徴

上野東京ラインは東京~上野に設けられた短絡線で、東北本線(宇都宮線)・高崎線・常磐線と東海法本線を相互直通運転するJR東日本の系統路線名。
2015年3月14日に開業。

JR東日本の案内上の上野東京ラインは以下の路線・駅からの運転区間の総称となります。
  • 上野駅側
    • 大宮方面(宇都宮線・黒磯駅、高崎線・高崎駅、上越線・新前橋駅、両毛線・前橋駅)
    • 日暮里方面(常磐線快速・取手駅、我孫子駅経由の成田線・成田駅、常磐線・高萩駅またはいわき駅)
  • 東京駅側
    • 大船方面(東海道線・沼津駅、熱海駅経由の伊東線・伊東駅)

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 現/廃区分
JR東日本 2 0 JU 現役

短絡線として開業した区間のみ登録されていますので2駅でコンプリートできます。
東京駅、上野駅はリンクした時点で接続する路線全ての駅として登録されますので、難易度はかなり低い路線です。


駅一覧


すでに終了したイベントの対象駅




  • 最終更新:2017-07-01 17:50:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード