JR久大本線(ゆふ高原線)

運行状況

2017年7月5日以降、久大本線は光岡~日田間で運転見合わせ(バス代行輸送あり)、その他の区間では本数を減らしての運転となっています。

代行バスの運行時刻などは、JR九州公式サイトのトップページからリンクされている、「久大本線・日田彦山線の運転計画について」や「運転時刻」などと題されたPDFファイルに掲載されています。
お出掛けの際は、こちらのPDFや、同サイト内の「運行情報」のページなどを、事前によくご確認下さい。
詳細は後述

路線の特徴

鹿児島本線久留米駅と日豊本線大分駅を結ぶ全長141.5kmの単線の非電化ローカル線です。小京都の豆田町がある日田駅、九州では珍しい扇形機関庫が残っている豊後森駅、湯布院温泉がある由布院駅などの沿線駅があります。

運転系統は主に日田駅と由布院駅で分かれます。普通列車の本数は路線の両端に行くほど多くなりますが、久留米~日田および由布院~大分では毎時1本ほど、峠越えがある日田~由布院では1日8本ほどになります。

日田~由布院で電波微弱区間があるので普通列車に乗って確実にチェックインしていくといいのですが、普通列車同士の接続がいいとは言えない場合が多いです。接続時間が数分または30~60分以上と両極端です。特急の通過待ちで1時間ほど停車する列車もあるので、普通列車で乗り通すと思いのほか時間を要します。特急で一気に通過するのも手です。

優等列車には国鉄時代の車両キハ185で運転される特急「ゆふ」と観光仕様のハイデッカー車で運転される「ゆふいんの森」号の2種類があります。ゆふ号は自由席付きで3往復とも全区間走破しますが、ゆふいんの森の方は全車指定席で1日3往復のうち2往復が由布院折り返しとなります。ゆふいんの森号は外国人旅行客の増加で指定席が取りにくい状況が続いているので、利用する場合は早めの予約を推奨します。

※この節の内容は、2017年7月以前の、列車が平常どおり運行されていた頃のものです。

駅メモ路線情報

  • 久留米~筑後大石:福岡県に所在。
  • 夜明~大分:大分県に所在。
運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
JR九州 37 32 現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
久留米
くるめ
福岡県   JR鹿児島本線(博多~八代)
九州新幹線
久留米高校前
くるめこうこうまえ
   
南久留米
みなみくるめ
   
久留米大学前
くるめだいがくまえ
   
御井
みい
   
善導寺
ぜんどうじ
   
筑後草野
ちくごくさの
↓SUGOCA使用不可駅・IC通過可能。  
田主丸
たぬしまる
   
筑後吉井
ちくごよしい
   
うきは
うきは
   
筑後大石
ちくごおおいし
   
夜明
よあけ
大分県 縁起のいい駅名。無人駅。 JR日田彦山線
光岡
てるおか
  JR日田彦山線
日田
ひた
  JR日田彦山線
豊後三芳
ぶんごみよし
   
豊後中川
ぶんごなかがわ
   
天ケ瀬
あまがせ
   
杉河内
すぎかわち
   
北山田(大分)
きたやまだ
   
豊後森
ぶんごもり
   
恵良
えら
   
引治
ひきじ
   
豊後中村
ぶんごなかむら
   
野矢
のや
   
由布院
ゆふいん
1番のりばホーム端にフットバース足湯あり(160円)
駅員に言えばプラットホームから駅舎へ入れてくれる。
 
南由布
みなみゆふ
   
湯平
ゆのひら
   
庄内(大分)
しょうない
   
天神山
てんじんやま
   
小野屋
おのや
   
鬼瀬
おにがせ
↑SUGOCA使用不可駅・IC通過可能  
向之原
むかいのはる
   
豊後国分
ぶんごこくぶ
   
賀来
かく
   
南国分
みなみおおいた
   
古国府
ふるごう
   
大分
おおいた
  JR日豊本線(門司港~佐伯)
JR豊肥本線(阿蘇高原線)

すでに終了したイベントの対象駅




2017年7月の大雨の影響による、現在の運行状況など

hita_map
日田付近の路線図
画像引用元:
47都道府県鉄道路線図
http://www.47rail.jp/
以下の区間は、2017年7月5日から運転見合わせとなっています。
  • 久大本線:光岡~日田(バス代行輸送あり)
  • 日田彦山線:添田~夜明~日田(バス代行輸送あり)
両路線とも、見合わせ区間以外では本数を減らしての運転となっているほか、代行バスの運行本数も、通常時の列車運行本数より少なくなっています。
また、日田彦山線の代行バスは筑前岩屋駅を経由しません。道路状況などを考慮すると、駅メモでの筑前岩屋駅へのチェックインは可能とみられますが、未検証です。

代行バスの運行時刻などは、JR九州公式サイトのトップページからリンクされている、「久大本線・日田彦山線の運転計画について」や「運転時刻」などと題されたPDFファイルに掲載されています。
お出掛けの際は、こちらのPDFや、同サイト内の「運行情報」のページなどを、事前によくご確認下さい。
(※これらのPDFファイルは内容やURLなどが随時更新されており、古くなったファイルはその都度消されています。そのため、ここではファイルへの直リンクにはしていません。)
また、特急「ゆふいんの森」は、当分の間、通常とは異なる小倉・大分経由の臨時列車として運転されています。詳細は下記をご参照下さい。

日田彦山線のうち添田~彦山間では、上述の代行バスのほか、並行する「添田町バス 彦山線」を利用しての移動も可能です。(これはJRの代行輸送ではないので、バスの通常運賃の支払いが必要です。)
このバスは7月10日から平常どおり運転されています。また、7月22日以降は、添田駅~彦山駅間が臨時に増便されています。詳細は下記をご参照下さい。

大行司~夜明間では、上述の代行バスのほか、西鉄バスの「杷木・浮羽支線」(はき・うきは しせん)を利用することもできます。この路線バスの本来の経路は、夜明駅を経由しないものでしたが、7月26日から夜明駅経由で迂回運行されています。(これもJRの代行輸送ではないので、バスの通常運賃の支払いが必要です。)

駅メモでは、添田駅からは歓遊舎ひこさん~彦山間の各駅までが、夜明駅から筑前岩屋~今山間の各駅までが、それぞれレーダーでアクセスできます(検知数11駅必要)。不通区間内には、レーダーの届かない駅はありません。

レーダー射程詳細

駅メモで各駅にアクセスしたいだけなら、とりあえず列車で添田駅と夜明駅に行って、そこからレーダーを使うのが簡単です。代行バスに乗る時間の取れない方は、レーダーを使いましょう。

代行バスが経由しない筑前岩屋駅は、前述の西鉄バスで「小石原」(こいしわら)行きに乗車すると、地図上では「桑鶴」(くわづる)~「宝ケ谷」(ほうがたに)間でチェックイン可能になるように見受けられます。
また、JRの代行バスに乗車した場合でも、彦山~大行司間では西鉄バスと同じ道路を経由するものと思われます(未検証)。
なお、これらのバスを利用した場合の、現地の電波環境などは未検証です。バスに乗車しても、圏外などの理由でチェックインできなかった方は、ルートビューンかレーダーを使いましょう。

この運転見合わせは、2017年7月の大雨により、光岡~日田間で橋梁が流失するなど、当該地域の線路に多数の被害が発生したことによるものです。
JR九州の7月31日の発表では、久大本線については「平成30年夏を目処に早期復旧に取り組んでまいります」、日田彦山線については「現在、復旧方法の検討を行っており、復旧には相当の期間を要する見込みです」となっています。
鉄道以外の被害状況については、下記もご参照下さい。

※この節の内容は、2017年9月3日に記載したものです。


  • 最終更新:2017-09-03 19:25:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード