JR仙山線

路線の特徴

  • 仙台~羽前千歳間を結ぶ路線。全線が単線となっている。
    路線名は仙台市と山形市を結ぶ事から、両駅の頭文字に由来している。
    一部列車はJR奥羽本線山形駅まで乗り入れている為、駅メモ登録上では羽前千歳~山形間も含まれている。

  • 宮城県は仙台市内、山形県は山形市内を走行する。
    途中で他の市町村を通ることなく県庁所在地同士を直接結び、かつその両都市のみで完結するJRの路線は当路線のみ。
    • 私鉄の場合、京都市と大津市を結ぶ京阪京津線が該当する。

  • 陸前落合~熊ケ根間は、日本で初めて交流電化が実施された区間でもある。

  • 奥新川~面白山高原間には奥羽山脈を貫く「仙山トンネル」がある。
    この内部ではキャリアによっては電波が入らない事があるので注意。
  • 奥新川では駅構内も電波が入らないことがある。チェックインを狙う場合、作並駅寄りの電波が入るところで行うのがよい。

  • 山の中を走行し、谷の上を通過する事もある為、運行状況が天候に左右されやすい。遠方から来る際は気を付けたい。

駅メモ路線情報

  • 仙台~奥新川:宮城県に所在。
  • 面白山高原~山形:山形県に所在。
運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
JR東日本 20 15   現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
仙台(JR)
せんだい
宮城県   東北新幹線
JR東北本線(黒磯~利府・盛岡)
JR仙石線
JR仙石東北ライン
JR常磐線(いわき~仙台)
【仙台(仙台市交通局)】
仙台市営地下鉄南北線
仙台市営地下鉄東西線
東照宮
とうしょうぐう
   
北仙台
きたせんだい
  仙台市営地下鉄南北線
北山(宮城)
きたやま
   
東北福祉大前
とうほくふくしだいまえ
   
国見(宮城)
くにみ
   
葛岡
くずおか
   
陸前落合
りくぜんおちあい
   
愛子
あやし
・難読駅。副名称「秋保温泉口」。
↑仙台Suicaフルエリア。
 
陸前白沢
りくぜんしらさわ
   
熊ケ根
くまがね
   
作並
さくなみ
・ICカード対応駅。
・当駅~熊ケ根間に西仙台ハイランド駅、
 当駅~奥新川間に八ツ森駅(いずれも臨時駅)があったが、
 いずれも2014年3月15日廃止。駅メモ上の登録もなし。
 
奥新川
おくにっかわ
   
面白山高原
おもしろやまこうげん
山形県    
山寺
やまでら
・ICカード対応駅。  
高瀬(山形)
たかせ
   
楯山
たてやま
   
羽前千歳
うぜんちとせ
  JR奥羽本線(山形線)(福島~新庄)
北山形
きたやまがた
  JR奥羽本線(山形線)(福島~新庄)
JR左沢線(フルーツライン左沢線)
山形
やまがた
・ICカード対応駅。

すでに終了したイベントの対象駅



  • 最終更新:2018-06-10 14:54:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード