JR仙石東北ライン

路線の特徴

  • 仙石東北ラインは仙台~石巻を東北本線と仙石線を経由して結ぶ系統路線名。
    仙台~塩釜(分岐点は松島)を東北本線、松島駅・松島海岸駅付近の連絡線(経路上は松島~高城町)である東北本線支線を経由し、高城町~石巻を仙石線で運行する。

  • 東日本大震災による被害が大きかった石巻市方面への連絡を向上させるために建設された路線で、2015年5月30日の仙石線全線復旧と同時に連絡線が開業した。

  • 東北本線と仙石線で電化方式が異なる(東北本線は交流、仙石線は直流)ため、連絡区間は非電化でハイブリット気動車による運転が行われている。

  • 線路がつながっているのは塩釜~高城町であるが、きっぷ上の経路は松島~高城町となっている。そのため、仙石線から松島以北の東北本線へ移動する場合、乗り換える塩釜駅は経路の範囲外になる。しかし、特例で乗車可能となる(塩釜駅での途中下車はできない)。

  • 快速快速特別快速(1日1往復)の3種別存在する(仙石東北ラインを経由する普通列車は存在しない)。快速は東北本線内の各駅へ停車するが、快速は仙台~塩釜間ノンストップとなる。特別快速は仙台、塩釜、高城町、矢本、石巻に停車する。

  • 一部列車は石巻あゆみ野へ停車するが、駅メモ上では登録されていない。また、1日1往復のみ快速が石巻線女川駅へ直通するが、こちらも駅メモ上は未登録である。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 ラインカラー
東北本線区間
ラインカラー
仙石線区間
現/廃区分
JR東日本 14     現役

乗車区間には東北本線の松島駅構内を通過するほか、仙石線の松島海岸駅付近を通過するため乗車中にチェックインを試みることができる。
2015年から2~3年ほどは東北本線と仙石線の接続線で一時停車を行う。このタイミングを狙うと松島駅にチェックインできる。

駅一覧

接続駅などはそれぞれの所属線を参照
駅名
えきめい
所在 備考 所属線
仙台(JR)
せんだい
宮城県   JR東北本線
東仙台
ひがしせんだい
 
岩切
いわきり
 
陸前山王
りくぜんさんのう
 
国府多賀城
こくふたがじょう
 
塩釜
しおがま
 
  松島~高城町の東北本線支線経由(松島駅は停車なし)
JR仙石線
高城町
たかぎまち
仙台市内駅の乗車券精算は中野栄からになる。
野蒜
のびる
 
陸前小野
りくぜんおの
 
矢本
やもと
 
陸前赤井
りくぜんあかい
 
蛇田
へびた
 
陸前山下
りくぜんやました
 
石巻
いしのまき
 

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2018-03-31 18:44:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード