JR伊東線

路線の特徴

  • 熱海~伊東間を結ぶ路線。殆どの列車が伊豆急行線と直通運転を行っており、一体化したダイヤが組まれている。

  • 駅数も少なく距離も長くはないが、トンネルが頻発しており電波がよく途切れがちな為、路線コンプを狙うのはやや難しい。GPSはこまめに更新しよう。

  • 当路線を乗り潰したら、そのまま伊豆急行線までコンプしてしまうと吉。コチラもまた有名な観光路線であり、見処には事欠かないだろう。

  • 東京駅(一部大宮駅・我孫子駅)から特急「踊り子」「スーパービュー踊り子」が当路線経由で伊豆急下田駅まで運転されている他、
    東海道本線上野東京ラインの一部の列車が乗り入れている。


駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
JR東日本 6 4   現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
熱海
あたみ
静岡県   JR東海道本線(東京~熱海)
JR東海道本線(熱海~浜松)
東海道新幹線
来宮
きのみや
・東海道本線はホームが無いので、当駅に停車しない。  
伊豆多賀
いずたが
   
網代
あじろ
   
宇佐美
うさみ
   
伊東
いとう
・「伊東へ行くならハトヤ」もこの町。 伊豆急行
伊豆急行線伊豆急下田まで直通運転

余談

JR東日本の路線だが、運行している列車は大半の特急がJR、普通列車が伊豆急行の車両である。
JRの列車で運行される普通列車は1日5往復、東海道本線(上野東京ライン)の列車が直接乗り入れてくるもの。
熱海駅は1番線が伊東線(伊豆急行線直通)のホームだが、東海道本線から乗り入れてくる(乗り入れる)場合は2~5番線に発着する。

伊東線にも直通する伊豆急行の車両である2100系「アルファ・リゾート21」は、ミオのモデルになったとされているが、「アルファ・リゾート21」は水戸岡鋭治デザインの下、大規模改造が施され、「THE ROYAL EXPRESS」に生まれ変わった。

  • 最終更新:2017-08-13 11:42:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード