JR南武線

路線の特徴

  • 川崎~立川間を結ぶ本線と、尻手~浜川崎間を結ぶ支線(通称浜川崎支線、旅客案内上は南武支線)の両方から構成されている。
    何れも全線で旅客営業をしているが、本線と支線を直通する旅客列車は存在しない。

  • 本線における列車種別は各駅停車快速の2つが運行されている。
    • 各駅停車は全線を通し運転する列車の他、
      朝・夕方・夜の時間帯には川崎~武蔵中原、武蔵溝ノ口、登戸、稲城長沼間の区間運転列車が多数存在する。
    • 快速は日中のみの運行。全線を通し運転する。

  • 支線は全線を通し運転する列車のみで、本線に比べ運転頻度が低い。

  • 路線コンプを目指す際は本線、並びに支線も含めた全駅へのアクセスが必要となる。
    但し全駅が地平または高架にある為、位置情報のアクセスは良好。

駅メモ路線情報

  • 矢野口~立川:東京都に所在。
  • 川崎~稲田堤、八丁畷~浜川崎:神奈川県に所在。
運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
JR東日本 30 22 JN 現役

駅一覧

本線

赤字快速停車駅
駅番号
3レターコード
駅名
えきめい
所在 備考 接続
JN01
KWS
川崎
かわさき
神奈川県   JR東海道本線(東京~熱海)
JR京浜東北線
【京急川崎】
京急本線
JN02 尻手
しって
・支線との乗換駅。  
JN03 矢向
やこう
・↑横浜市内駅。  
JN04 鹿島田
かしまだ
・正式な乗換駅ではないが、JR横須賀線新川崎駅と徒歩連絡が可能。  
JN05 平間
ひらま
   
JN06 向河原
むかいがわら
   
JN07
MKG
武蔵小杉
むさしこすぎ
  JR横須賀線
JR成田エクスプレス
JR湘南新宿ライン
東急東横線
東急目黒線
JN08 武蔵中原
むさしなかはら
・当線と鶴見線の車両基地所在駅。  
JN09 武蔵新城
むさししんじょう
   
JN10 武蔵溝ノ口
むさしみぞのくち
  【溝の口】
東急田園都市線
東急大井町線
JN11 津田山
つだやま
   
JN12 久地
くじ
   
JN13 宿河原
しゅくがわら
   
JN14 登戸
のぼりと
  小田急小田原線
JN15 中野島
なかのしま
   
JN16 稲田堤
いなだづつみ
  【京王稲田堤】
京王相模原線
JN17 矢野口
やのくち
東京都    
JN18 稲城長沼
いなぎながぬま
   
JN19 南多摩
みなみたま
・当駅~府中本町間で西武多摩川線是政駅が取得可能。  
JN20 府中本町
ふちゅうほんまち
・東京競馬場の最寄駅の一つ。競馬開催時は大混雑に注意。 JR武蔵野線
JN21 分倍河原
ぶばいがわら
  京王京王線
JN22 西府
にしふ
   
JN23 谷保
やほ
   
JN24 矢川
やがわ
   
JN25 西国立
にしくにたち
   
JN26 立川
たちかわ
・南武線ホームの西国立駅寄りで、五反田駅に位置飛びするケースがあるので注意。 JR中央本線(東京~塩尻)
JR中央線(快速)
JR青梅線
JR成田エクスプレス
【立川北】
【立川南】
多摩モノレール

支線(浜川崎支線、南武支線)

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
JN02 尻手
しって
神奈川県 ・本線との乗換駅。
・支線は全駅横浜市内駅。
 
JN51 八丁畷
はっちょうなわて
  京急本線
JN52 川崎新町
かわさきしんまち
   
JN53 小田栄
おださかえ
・2016年3月26日のダイヤ改正時に開業。  
JN54 浜川崎
はまかわさき
・鶴見線は、道路を挟んで別の駅舎になっており、改札外乗り換えとなる。
 ICカード使用時は、簡易改札機にICカードをタッチせずに乗り換える。
JR鶴見線

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2017-07-30 00:45:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード