JR小野田線

路線の特徴

  • 居能~小野田間を結ぶ本線と、雀田~長門本山間を結ぶ本山支線の両方から構成されている。

  • 本線では全ての列車がJR宇部線の宇部新川駅まで乗り入れている為、駅メモ登録上では宇部新川駅も含まれている。

  • 最後の旧形国電運転区間として、2003年までクモハ42形電車が運転されていた。

  • 一日に10往復しかなく、本山支線に至っては6・7時台に1往復ずつ18時台に1往復の僅か3往復のみの運転となる。
    路線コンプを狙う際はしっかり計画を立てて臨もう。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
JR西日本 12 9   現役

駅一覧

本線

駅名
えきめい
所在 備考 接続
宇部新川
うべしんかわ
山口県   JR宇部線
居能
いのう
  JR宇部線
妻崎
つまざき
   
長門長沢
ながとながさわ
   
雀田
すずめだ
・本山支線との接続駅。  
小野田港
おのだこう
   
南小野田
みなみおのだ
   
南中川
みなみなかがわ
   
目出
めで
   
小野田
おのだ
  JR山陽本線(岩国~門司)

本山支線

駅名
えきめい
所在 備考
雀田
すずめだ
山口県 ・本線との接続駅。
浜河内
はまごうち
 
長門本山
ながともとやま
 

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2017-10-05 00:51:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード