JR常磐線(取手~いわき)

路線の特徴

  • 常磐線のうち、取手~いわき間を結ぶ区間。

  • 運用の関係上、快速線や各駅停車などパターンが複雑になっているが、簡単に言えば取手より北に乗り入れる路線を指す。

  • 乗り入れ可能な車両は交直流両用車両のみ。(石岡市に気象庁地磁気観測所があり、交流でないと観測に影響を与えてしまう為。)

  • 取手~藤代間に交直デッドセクションが存在し、以前は通過の際に消灯していたが、現在運用されている車両はバッテリー搭載車の為、基本的には車内灯が消えることはなくなった。
    (冷暖房が一時的に止まったり、モーターが止まり惰性走行になるので全く分からないという事はない。E657系のコンセントからの電気供給も止まる。)
    • ダイヤが乱れて低速運転になった場合は消灯することもある。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
JR東日本 37 31   現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
JR常磐線(上野~取手)直通
取手
とりで
茨城県 ・ルートビューンは当駅を跨げない(通過列車は注意) JR常磐線(上野~取手)
関東鉄道常総線
藤代
ふじしろ
   
佐貫
さぬき
・マザー牧場の最寄駅ではない (*1)
(本当の最寄り駅はJR内房線佐貫町駅。)
・龍ケ崎市駅に改称予定だが延期されている。
関東鉄道竜ヶ崎線
牛久
うしく
   
ひたち野うしく
ひたちのうしく
・1985年に限ってはこの付近に「万博中央」駅があった。  
荒川沖
あらかわおき
   
土浦
つちうら
   
神立
かんだつ
   
高浜(茨城)
たかはま
   
石岡
いしおか
   
羽鳥
はとり
   
岩間
いわま
   
友部
ともべ
  JR水戸線
内原
うちはら
   
赤塚
あかつか
   
偕楽園
かいらくえん
臨時駅
・下り線(水戸、いわき方面)のみホームがある
 
水戸
みと
  JR水郡線
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線
勝田
かつた
  ひたちなか海浜鉄道湊線
佐和
さわ
   
東海
とうかい
   
大甕
おおみか
・難読駅。  
常陸多賀
ひたちたが
   
日立
ひたち
   
小木津
おぎつ
   
十王
じゅうおう
   
高萩
たかはぎ
   
南中郷
みなみなかごう
   
磯原
いそはら
   
大津港
おおつこう
   
勿来
なこそ
福島県 ・難読駅。
勿来メイの由来駅
 
植田(福島)
うえだ
   
泉(JR)
いずみ
   
湯本
ゆもと
・副名称「フラガールと湯けむりに出逢える町」  
内郷
うちごう
   
いわき   JR磐越東線(ゆうゆうあぶくまライン)
JR常磐線(いわき~仙台)

  • 最終更新:2017-07-24 23:40:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード