JR日豊本線(佐伯~鹿児島中央)

路線の特徴

福岡県の小倉駅と鹿児島県の鹿児島駅を結ぶ日豊本線の内、大分県の佐伯駅と鹿児島中央駅を結ぶ設定とされた駅メモの路線区分。
実際の路線上の終点は鹿児島駅であり、同駅と鹿児島中央駅の間は、正式には鹿児島本線となる。
佐伯~鹿児島中央間の区間距離は268.0kmに及び、駅メモでは九州最長の区間。

この区間を走る特急に、にちりんきりしまがある。
にちりん大分方面から南宮崎駅(その後JR宮崎空港線に入り宮崎空港駅)まで、きりしまは宮崎駅と鹿児島中央駅間で運行されている。
博多まで直通するにちりんにちりんシーガイアという列車名が付けられている。

この路線では、宗太郎駅が秘境駅として知られている。
宗太郎駅だけでなく前後の数駅、具体的には直川駅-市棚駅間についてもかなり山奥にあるため、電波がほとんど届かない。
2018年1月現在、docomo系ではLTE800MHzエリア(Band19)として駅構内付近は通信が可能、従来の1.7GHz端末は圏外が連続する。峡谷沿いの沿線・トンネル区間は圏外となる。

弱電波区間がかなり長いため、範囲の広いレーダー又はルートビューンを用意しておくことを強く推奨する。
なお、2017年9月の台風18号による災害により、特急が一時運休となっていたが、同年12月18日に運転を再開した。
これを記念して、2月28日まで佐伯市内の9駅 (*1)を巡るスタンプラリーが有志により開催されている。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
JR九州 56 49 現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
佐伯
さいき
大分県 特急停車駅 JR日豊本線(門司港~佐伯)
上岡
かみおか
   
直見
なおみ
   
直川
なおかわ
   
重岡
しげおか
   
宗太郎
そうたろう
   
市棚
いちたな
宮崎県    
北川
きたがわ
   
日向長井
ひゅうがながい
   
北延岡
きたのべおか
   
延岡
のべおか
特急停車駅
・かつては高千穂鉄道(駅メモ登録なし)と接続していた。
 
南延岡
みなみのべおか
特急停車駅  
旭ヶ丘(宮崎)
あさひがおか
正しくは「旭ケ丘」である。  
土々呂
ととろ
   
門川
かどがわ
   
日向市
ひゅうがし
特急停車駅  
財光寺
ざいこうじ
   
南日向
みなみひゅうが
   
美々津
みみつ
   
東都農
ひがしつの
   
都農
つの
   
川南
かわみなみ
   
高鍋
たかなべ
特急停車駅  
日向新富
ひゅうがしんとみ
   
佐土原
さどわら
特急停車駅
↓SUGOCA宮崎エリア
 
日向住吉
ひゅうがすみよし
   
蓮ヶ池
はすがいけ
正しくは「蓮ケ池」である。  
宮崎神宮
みやざきじんぐう
   
宮崎
みやざき
特急停車駅 JR日南線
JR宮崎空港線
南宮崎
みなみみやざき
特急停車駅
・日南線、空港線は当駅で分岐。
JR日南線
JR宮崎空港線
加納(宮崎)
かのう
   
清武
きよたけ
   
日向沓掛
ひゅうがくつかけ
   
田野(宮崎)
たの
↑SUGOCA宮崎エリア  
青井岳
あおいだけ
   
山之口
やまのぐち
   
餅原
もちばる
   
三股
みまた
   
都城
みやこのじょう
特急停車駅 JR吉都線(えびの高原線)
西都城
にしみやこのじょう
特急停車駅  
五十市
いそいち
   
財部
たからべ
鹿児島県    
北俣
きたまた
   
大隈大川原
おおすみおおかわら
   
北永野田
きたながのだ
   
霧島神宮
きりしまじんぐう
特急停車駅  
国分(鹿児島)
こくぶ
特急停車駅
↓SUGOCA鹿児島エリア
 
隼人
はやと
特急停車駅 JR肥薩線(吉松~隼人)
加治木
かじき
   
錦江
きんこう
   
帖佐
ちょうさ
   
姶良
あいら
   
重富
しげとみ
   
竜ヶ水
りゅうがみず
・1993年8月6日の水害では、列車が駅ごと土砂に流された。
・正しくは「竜ケ水」である。
SUGOCA使用不可駅
 
鹿児島
かごしま
特急停車駅
・日豊本線の終点駅。桜島側のフェリーターミナルからチェックイン可能。
JR鹿児島本線(川内~鹿児島)
【鹿児島駅前】
鹿児島市電1系統
鹿児島市電2系統
鹿児島中央
かごしまちゅうおう
特急停車駅
・新幹線開業まで「西鹿児島」駅だった。
JR鹿児島本線(川内~鹿児島)
JR指宿枕崎線
九州新幹線
【鹿児島中央駅前】
鹿児島市電2系統

すでに終了したイベントの対象駅



  • 最終更新:2018-01-16 14:09:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード