JR日高本線

路線の特徴

  • 日高本線はJR北海道の路線。苫小牧~様似を結ぶ。本線を名乗っているものの、現在は支線のない全線非電化のローカル線。

  • 元は苫小牧軽便鉄道(1909年に三井物産が貨物専用線として苫小牧~鵡川に馬車鉄道を敷いたのが始まり。旅客運行は1913年に苫小牧~富川を開業)と日高拓殖鉄道(1924年に富川~厚賀を開業、富川~静内までを最終的に開業)が国有化され、国鉄日高線(1927年)となったもの。
    様似までは1937年8月10日に開業し全通。
    1943年に富内線(鵡川~豊城、1986年廃止)が分岐したことで日高本線を名乗った。
    計画線は様似から先は襟裳岬を回って広尾線(帯広~広尾、1987年廃止)に接続する予定だった。
    かつては急行が札幌~様似を運転していました。
    現在は、苫小牧~鵡川で普通列車が、鵡川~様似では代行バスが運転されている。

  • 「何もない春」と歌われる襟裳岬へは様似駅からバスが出ている。
    また、様似駅から襟裳岬経由広尾行きのバスもある。
    広尾で更に帯広行きのバスに乗り継ぐことで、日高本線~広尾線の計画線に近いルートをそのまま路線バスで辿ることができる。

  • 2015年1月に厚賀~大狩部で発生した線路被害のため、現在は鵡川~様似で運休中。同区間で代行バスが運転されている。
    一部の駅では、代行バスのバス停が駅から離れているが、駅メモでは各駅ともバス乗車中に直接チェックイン(位置登録)可能。
    • 2016年12月、JR北海道が同区間の復旧を断念することを決定。なお鵡川~日高門別間の復旧も検討していたようだが17年2月に断念することが決定した。

  • 代行バスを使い、苫小牧~様似を1日で制覇したい場合、苫小牧7:58発の列車で出発しないと、その日のうちに苫小牧まで戻ることができなくなる。
    通常、折り返し時間が2時間半ほどになるが海を見に行ったり、下記のラーメン屋に行く、初めまして称号を地元の人に協力してもらって取るなどして待ちましょう。
    詳しい時刻などは、JR北海道公式サイトを参照。
    • なお、終点までのチェックインに拘らないのであれば、絵笛まで(なつめスキル使用なら荻伏まで)行けば様似までレーダーで取得可能で、苫小牧12:23発でも日帰りが可能になります。

駅のコンプリートを目指すだけであれば、各駅前まで向かう代行バスではなく札幌駅や大谷地バスターミナルから発着する高速バスを使用するのが最もオススメです。
札幌から様似まで「えりも号」を使えば4時間、様似までレーダーが届く浦河まで「ペガサス号」を使えば3時間半で到達可能です。
ただし札幌方面から乗車する際は前日までの予約が必要なのでご注意ください。

レンタカーでの攻略法 展開して表示


駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
JR北海道 29 28 現役・災害不通区間あり

駅一覧

駅名
えきめい
備考 接続
苫小牧
とまこまい
  JR室蘭本線(長万部・室蘭~苫小牧)
JR室蘭本線(苫小牧~岩見沢)
JR千歳線
勇払
ゆうふつ
   
浜厚真
はまあつま
   
浜田浦
はまたうら
   
鵡川
むかわ
   
鵡川~様似間不通・代行バス有り
汐見
しおみ
   
富川
とみかわ
   
日高門別
ひだかもんべつ
   
豊郷(北海道)
とよさと
   
清畠
きよはた
   
厚賀
あつが
   
大狩部
おおかりべ
・駅への入り口は国道の坂の部分直下のトンネル。
・駅の両側の線路が破壊されているため、現在列車が来る可能性はほぼないが、土砂崩れの現場を見に行く際は自己責任で。
 
節婦
せっぷ
   
新冠
にいかっぷ
   
静内
しずない
・有人駅。記念入場券や常備券は売っていない。  
東静内
ひがししずない
   
春立
はるたち
   
日高東別
ひだかとうべつ
   
日高三石
ひだかみついし
   
蓬栄
ほうえい
   
本桐
ほんきり
   
荻伏
おぎぶし
   
絵笛
えふえ
   
浦河
うらかわ
・有人駅。記念入場券や常備券は売っていない。  
東町
ひがしちょう
   
日高幌別
ひだかほろべつ
   
鵜苫
うとま
   
西様似
にしさまに
   
様似
さまに
・有人駅。記念入場券や常備券が買える。
・駅から山側に数百メートルいったところに緩急車(車掌車)を店舗に使ったラーメン屋「水鶏」がある。
 

関連項目・関連リンク


  • 最終更新:2017-07-22 23:03:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード