JR東海道本線(岐阜~美濃赤坂・米原)

路線の特徴

  • 東海道本線のうち、岐阜~米原間の49.6kmを結ぶ本線と、大垣~美濃赤坂間の5.0kmを結ぶ支線(通称美濃赤坂線赤坂支線)から成る区間。
    美濃赤坂線は大垣駅から垂井側に約3km離れた地点にある南荒尾信号場から分岐する。
    路線コンプには美濃赤坂線部分の荒尾美濃赤坂の2駅も含めたアクセスが必要となるので注意。

  • 岐阜県及び滋賀県の県境を通る、東海道本線屈指の閑散区間。
    本線の運行頻度は岐阜~大垣間で15分に1本、大垣~米原間で30分に1本となっている。
    また、美濃赤坂線は昼間に列車が運行されない時間帯もある。

  • 関ケ原~米原間、及び美濃赤坂線はICカードが利用不可(2019年に柏原、近江長岡、醒ヶ井がTOICAエリアに追加予定)。
    また米原から西側と関ケ原以東ではエリアが異なる為、両エリアをまたいでのICカードの利用(大垣→米原、大阪→名古屋など)も不可

  • 見落としがちであるが、柏原、近江長岡、醒ヶ井の3駅は滋賀県に属する為、マスターオブ滋賀を取得する際にはこの3駅も必要となる。


駅メモ路線情報

  • 岐阜~関ヶ原、荒尾、美濃赤坂:岐阜県に所在。
  • 柏原~米原:滋賀県に所在。
運営者 登録駅数 単独登録駅数 現/廃区分
JR東海 12 9 現役

駅一覧

本線

駅番号 駅名
えきめい
所在 備考 接続
CA74 岐阜
ぎふ
岐阜県   JR高山本線
JR東海道本線(浜松~岐阜)
【名鉄岐阜】
名鉄名古屋本線
名鉄各務原線
CA75 西岐阜
にしぎふ
   
CA76 穂積
ほづみ
・当駅~大垣間で樽見鉄道横屋、東大垣の2駅にチェックイン可能。  
CA77 大垣
おおがき
・当駅~垂井間で養老鉄道養老線室、北大垣の2駅にチェックイン可能。
・当駅~垂井間に南荒尾信号場があり、美濃赤坂線が分岐する。
・東海道本線系統の大垣車両区所在。サンライズも書類上ここの所属。
樽見鉄道
養老鉄道養老線
CA78 垂井
たるい
・下り(北陸本線・大阪方面)の特急「しらさぎ」「ひだ」は当駅を迂回する。
・同列車からもチェックイン可能。
 
CA79 関ヶ原
せきがはら
・↑TOICAエリア。
・正式には「関ケ原」であるが、駅メモや駅名標などでは「ヶ」表記。
 
CA80 柏原(滋賀)
かしわばら
滋賀県    
CA81 近江長岡
おうみながおか
   
CA82 醒ヶ井
さめがい
・↑2019年春にTOICAエリアに編入予定。  
CA83 米原
まいばら
・JR東海と西日本との境界駅(当駅はJR西日本管轄)。
・境界地点では坂田駅と判定される。
・ICカードはJR西日本専用。
・駅番号東海と西日本両記載西日本はA12
JR北陸本線(米原~金沢)
JR東海道本線(琵琶湖線)(米原~京都)
近江鉄道本線
東海道新幹線

支線(美濃赤坂線、赤坂支線)

  • 各駅の距離はさほど離れていない為、本線上からレーダーでアクセス可能。
    • 下り(北陸本線・大阪方面)の特急「しらさぎ」「ひだ」は美濃赤坂線に近いルートを通るため、レーダー無しでも美濃赤坂にチェックイン可能。
    • 上り(名古屋方面)の特急列車は全て普通列車と同じルートを通るので、こちらはレーダーが必要。
  • 駅ナンバリングはなし。
駅名
えきめい
所在 属性 備考 接続
大垣
おおがき
岐阜県 cool   樽見鉄道
養老鉄道養老線
荒尾(岐阜)
あらお
eco ・本線上からチェックイン可能。
・米原方面へ向かう場合は、岐大バイパスを潜り抜けた辺りが目安。
・岐阜方面へ向かう場合は、進行方向左手に下り本線が見えた辺りが目安。
 
美濃赤坂
みのあかさか
eco ・荒尾駅アクセス時にレーダーで取得すると良い。  

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2018-02-14 20:16:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード