JR気仙沼線

路線の特徴

  • 前谷地~柳津~気仙沼間を結ぶ路線。柳津~気仙沼間は太平洋沿岸を走行する。

  • 2011年の東日本大震災の影響で本線は柳津~気仙沼間で休止、BRTによる仮復旧を行った。
    2016年3月に鉄路での復旧を断念し、BRTでの本復旧が決定した。
    • BRT区間はSuica等の10種ICも使用できる。なお定期券はBRT専用のIC[odeca]である。
    • この震災により柳津~気仙沼間は多くの駅や橋脚が流出していて、震災前の駅舎が残っている場所が少なくなっている。


  • BRTは前谷地駅から運行しているが、鉄道線のある前谷地~柳津間の途中駅は通過(迂回)になっているため、乗車する際は注意が必要。

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 ラインカラー 現/廃区分
JR東日本 24 22   現役

駅一覧

平常運転区間

駅名
えきめい
所在 備考 接続
前谷地
まえやち
宮城県   JR石巻線
和渕
わぶち
   
のの岳
ののだけ
   
陸前豊里
りくぜんとよさと
   
御岳堂
みたけどう
   
柳津(宮城)
やないづ
・BRT気仙沼線乗換  

BRT復旧区間

  • 緑色の駅はBRT復旧後に設置された駅。駅メモには2017年3月31日に登録された。
  • 実際の鉄道駅の位置からはずれているが、仮復旧で設置されているBRT用乗降場が鉄道駅付近になる(南気仙沼駅を除く)。
  • 前谷地~柳津間は既に列車が運転されているが、利便性向上の為にBRTによる直通運転(途中の鉄道駅は通過)が行われている。
駅名
えきめい
所在 備考 接続
前谷地
まえやち
宮城県 ・一部がBRTで運転し仮復旧区間直通 JR石巻線
  途中駅通過
柳津(宮城)
やないづ
・気仙沼線復旧区間乗換  
陸前横山
りくぜんよこやま
   
陸前戸倉
りくぜんとくら
   
志津川
しづがわ
   
ベイサイドアリーナ
べいさいどありーな
・駅メモには2017年3月31日登録  
清水浜
しみずはま
   
歌津
うたつ
   
陸前港
りくぜんみなと
   
蔵内
くらうち
   
陸前小泉
りくぜんこいずみ
   
本吉
もとよし
   
小金沢
こがねざわ
   
大谷海岸
おおやかいがん
   
陸前階上
りくぜんはしかみ
   
最知
さいち
   
松岩
まついわ
   
南気仙沼
みなみけせんぬま
・BRTの「南気仙沼(市立病院入口)」停留所からはチェックイン不可(不動の沢駅として判定されてしまう。)。
・BRTに乗車している場合、松岩~南気仙沼間で車窓に見える「イオン気仙沼店」付近からだと確実にアクセスできる。
※当駅の駅ノートも参照のこと。
 
不動の沢
ふどうのさわ
   
気仙沼
けせんぬま
・JR大船渡線(鉄道線、BRT)乗換 JR大船渡線(ドラゴンレール大船渡線)

すでに終了したイベントの対象駅


  • 最終更新:2017-07-25 20:35:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード