JR草津線

路線の特徴

  • 柘植~草津間を結ぶ路線。
    全線が大阪近郊区間に含まれる為、大回り乗車が可能。

  • ICカードは草津~貴生川間のみ利用可能。

  • 地方交通線と思われがちであるが、貨物営業を行っていた経緯もあり幹線の指定を受けている。
    • 柘植駅から関西本線を経由する貨物輸送ルートが組まれていた。
      その為、柘植駅では草津線と関西本線の亀山方が直線的に結ばれるような配線になっている。 (*1)

駅メモ路線情報

運営者 登録駅数 単独登録駅数 路線記号 ラインカラー 現/廃区分
JR西日本 11 8   現役

駅一覧

駅名
えきめい
所在 備考 接続
柘植
つげ
三重県 ・「たくしょく」と間違えやすい。 JR関西本線(亀山~加茂)
油日
あぶらひ
滋賀県    
甲賀
こうか
   
寺庄
てらしょう
   
甲南
こうなん
   
貴生川
きぶかわ
・当駅~草津間のみICカードが利用可能。 近江鉄道本線
信楽高原鐵道
三雲
みくも
   
甲西
こうせい
   
石部
いしべ
   
手原
てはら
   
草津(滋賀)
くさつ
  JR東海道本線(琵琶湖線)(米原~京都)

  • 最終更新:2017-06-10 21:29:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード